瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノデュオ・リサイタル2017
 
日時 2017年10月19日(木) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 東京文化会館小ホール (東京都)
出演 瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノデュオ(ピアノデュオ)
料金 一般3500円、学生1500円
曲目 ベートーヴェン (1770-1827):連弾のためのソナタ op. 6 (1797)
シューベルト (1797-1828):フランスの歌による変奏曲 D624, op. 10 (1818)
ショパン (1810-1849):ロンド op. 73 (1828)
レーガー (1873-1916):ベートーヴェンの主題による変奏曲とフーガ op. 86 (1904)
野平一郎 (1953- ):DEUX ESQUISSES pour deux pianos (1998/2004)
問合先 東京コンサーツ 03-3200-9755
WEB 公演詳細
メッセージ 自主リサイタルシリーズ「ピアノデュオ・リサイタル」は今回10年、10回目になります。 この記念の回に、2台ピアノ&連弾でいつもお世話になっているピティナの皆さまをはじめ、たくさんの方にピアノデュオの魅力をお伝えできたらと思っています。ぜひお越しくださいませ。 また、当日会場にて私たちの初CDの先行発売もいたします。モーツァルトの2台ピアノのソナタをはじめ、2台ピアノの名曲がたくさん入っていますので、こちらも聴いていただけたらうれしいです。瀬尾&加藤デュオ

出演者情報


 桐朋学園大学ピアノ科に学ぶ瀬尾久仁と、作曲科に学ぶ加藤真一郎が在学中の1998年にピアノデュオを結成。ロストック音楽大学ピアノデュオ科、ミュンヘン音楽大学マイスター課程ピアノデュオ科を修了。ピアノデュオとして初めて文化庁新進芸術家海外留学制度研修員に選ばれ、アルフォンス・コンタルスキー教授のもとで一年間集中的に研鑽を積む。

ピアノデュオの国際コンクールの中でも最難関とされるマレイ・ドラノフ国際2台ピアノコンクール(ジュネーブ国際音楽コンクール世界連盟加盟)で日本人デュオ初の第1位を受賞。そのほか国際ピアノデュオコンクール(ポーランド)第1位及びショパン賞受賞など、日本・海外の主要コンクールで優れた成績を収める。

「ピアノデュオ・リサイタル」シリーズを軸として、国内外での演奏会、国際交流基金の助成を受けたアメリカでのピアノデュオ・マスタークラスや邦人現代作品の委嘱初演、コンクール審査や大学での後進の指導など多方面から、ピアノデュオの魅力と可能性を再発見する活動を続けている。

これまでに、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団と2台ピアノのための協奏曲を共演するとともに、北ドイツ放送、バイエルン放送、NHK「ベストオブクラシック」「名曲探偵アマデウス」「クラシック倶楽部」「ららら♪クラシック」に出演。2017年にはモーツァルト《2台ピアノのための協奏曲》を本名徹次指揮・京都フィルハーモニー室内合奏団と共演、FONTECレーベルよりCD「2 pianos」をリリース。

これまで野本由紀夫、藤井一興、H.-P.&V. ステンツル、タール&グロートホイゼン・デュオ、A. コンタルスキーの各氏に師事。

今後の公演

  データはございません