愛と情熱の室内楽
 
日時 2017年7月22日(土) 開演:14時 開場:13時30分   
会場 東京オペラシティリサイタルホール (東京)
出演 佐藤麻衣(vn)門倉茜(vn)坂内幸四郎(va)永瀬惟(vc)、田中浩子(pf)
料金 一般3,000円 当日券3,500円
曲目 クライスラー:愛の挨拶
クライスラー:愛の悲しみ
クライスラー:ロンドンデリーの歌
アレンスキー:ピアノ三重奏曲 第1番 Op.32
ブラームス:ピアノ五重奏曲 Op.34
問合先 03-6804-0807
WEB
メッセージ 2012年から始めたピアノを含む田中浩子の室内楽のシリーズ。今回は情熱的な曲ばかりです!

出演者情報


 4歳からピアノを習い始める。都立西高校卒業。学習院大学在学中より演奏活動を始める。
1991年 アメリカ各地にて日米友好音楽会に出演。    
学習院大学卒業と同時に武蔵野音楽大学に入学。
1996年 ウィーン、ベルリンにて日独友好音楽会に出演。好演を博し、地元紙にも演奏の好評が掲載される。
1999年 平井哲三郎氏指揮日本ニューフィルハーモニック管弦楽団と、なかのZERO大ホールにてガーシュイン作曲・ラプソディインブルーを共演。
2002年同オーケストラと、東京文化会館大ホールにてプーランク作曲・2台のピアノのための協奏曲を競演。
2004年 石井和彦氏指揮ジャパンチェムバーオーケストラと、モーツァルト作曲・2台のピアノのための協奏曲を共演。
2012年以降、毎年、ソロ・室内楽のコンサートを企画、演奏を行なっている。なかでも、2016年オペラシティリサイタルホールの演奏会ではシューマンのピアノ五重奏曲他を演奏し、好演を博す。
そのほか、3人の男児の母である立場から、子供のための音楽会を多数企画、演奏し、地域の音楽教育の一端を担う活動が各種音楽関係、教育関係の雑誌に掲載される。
また、音楽と英語のキャリアを活かし、今までに外国人延べ100人以上に英語でピアノを教える。
また、起業家としては、2003年よりヒロミュージックスクール(旧・田中浩子ピアノ教室)を主宰し、生徒数は300人を超える。優秀な講師陣の育成、音楽教室経営事業のコンサルタントとしても活躍する。
今までに、ピアノを河内愛子、関本倫代、有坂和子、迫田時雄、日下譲二の各氏に師事。

今後の公演

  データはございません