2016年 ピティナ・ピアノコンペティション特級入賞者コンサート
 
日時 2017年7月11日(火) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 カワイ表参道 コンサートサロン パウゼ (東京)
出演 特級グランプリ:尾崎未空
特級銀賞・聴衆賞:太田糸音
特級銅賞:三好朝香(全員pf)
料金 一般3000円 ピティナ会員2500円 学生2000円
曲目 ◆三好 朝香
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ 第3番「古い手帳から」
ショパン:3つのマズルカ (第30-32番) Op.50
スクリャービン:幻想曲
カプースチン:8つの演奏会用エチュードより 「フィナーレ」
◆太田 糸音
バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第2巻より 第23番 ロ長調 BWV892
スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第4番 Op.30
スクリャービン:ピアノ・ソナタ 第5番 Op.53
◆尾崎 未空
リスト:バラード 第2番 ロ短調
リスト:白鳥の歌(シューベルト)より 「愛の便り」
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズOp.22
※曲目・曲順は一部変更になる場合がございます。
問合先 カワイ音楽振興会 03-5485-8511
WEB
メッセージ 2016年ピティナ・ピアノコンペティション特級にてグランプリ、銀賞、銅賞を受賞された3名のピアニストによるジョイント・リサイタル。旬のピアニストの演奏を一夜にお聴き頂ける豪華な夕べです。是非皆様のご来場をお待ちしております。

出演者情報


 01年「第25回ピティナピアノコンペティション」A2級全国決勝大会優秀賞、07年第8回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」アジア大会奨励賞、08年「第9回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」小学5・6年生部門アジア大会銀賞。「第11回エトリンゲン国際青少年ピアノコンクール」(ドイツ)Aカテゴリー第5位。09年「 第10回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」中学生部門アジア大会金賞、「14回浜松国際ピアノアカデミーコンクール」第3位及びモスト・プロミシング・アーティスト受賞。10年 「第34回ピティナピアノコンペティション」Jr.G級金賞、「いしかわミュージックアカデミー」(ピアノ)IMA音楽賞受賞、11 年「 第2回e-Piano ジュニア・コンクール」(アメリカ)第4位、「第5回福田靖子賞選考会」 優秀賞受賞、12年「 第13回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」 コンチェルトC部門アジア大会銀賞、第9回バリス・ドヴァリョーナス国際青少年ピアノ&ヴァイオリンコンクール」(リトアニア)C部門入賞。「第8回モスクワ・ショパン国際青少年コンクール」(ロシア)第3位、及び、最優秀小品演奏特別賞受賞。13年「第14回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA」プロフェッショナル部門アジア大会金賞。14年「第14回ルービンシュタイン国際ピアノコンクール」(イスラエル)セミファイナリスト。
2016年、浜松国際ピアノアカデミーコンクール第3位。第40回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、文部科学大臣賞。
09年めぐろパーシモンホールにてリサイタル、10年水戸・佐川文庫にてリサイタルを開催。これまでにリトアニア国立交響楽団、ミネソタ管弦楽団、ポーランド・クラクフ室内管弦楽団、ポ-ランド・シレジア管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団等と共演する。
2017年3月、キングレコードよりデビューCDをリリース。5月には浜離宮朝日ホールにてリサイタル開催し、高く評価された。
昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同附属ピアノアートアカデミー在籍。今年秋よりミュンヘン音楽演劇大学大学院に在学。江口文子氏、アンティ・シーララ氏に師事。


 

2000年生まれ。
2007年~2015年 ピティナ ピアノ コンペティション全国決勝大会において A1,B,D,E級 ベスト賞、C級銅賞、F級金賞、Jr.G級銀賞、G級銀賞、2台ピアノコンチェルトA部門第一位。
2009年 ピティナの推薦によりランラン氏選抜による公開レッスン受講。
2010年 第64回全日本学生音楽コンクールピアノ部門小学校の部全国大会第2位
2011年 日本クラシック音楽コンクール小学校高学年女子の部全国大会第1位グランプリ。
2012年 Miyoshi Net ピアノコンクール第11巻・12巻部門第1位。北本ピアノコンクールE級第1位。
2013年 第17回浜松国際ピアノアカデミーコンクール第5位、モストプロミシングアーティスト賞受賞。第67回全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学校の部全国大会第1位併せて野村賞、井口愛子賞、福田靖子賞、音楽奨励賞、泉州キワニス賞受賞。
2013年度ヤマハ音楽振興会音楽奨学支援奨学生。

2011年より4年連続、高石市教育委員会より表彰される。

ピアノを武田真理、鈴木弘尚、半澤佑果、酒井有彩、植田味香子の各氏に、楽曲分析を土田英介氏、創作を大久保みどり氏、室内楽を久合田緑氏に師事。

東京音楽大学附属高等学校1年。