鈴木直美ピアノリサイタルイン東金18
 
日時 2017年4月29日(土) 開演:14時 開場:13時30分   
会場 東金文化会館小ホール (千葉)
出演 鈴木直美(pf)、安嶋健太郎(pf)
料金 2,000円
曲目 ●第一部
ドビュッシー:子供の領分 ゴリウォーグのケークウォーク
ブルーベック:ジャズ・ハノン
 I still am in love with a girl named Oli
 Blue Lake Tahoe
 Upstage Rhumba
 Nostalgia de Mexico
 Joshua Redman
 Mr. Fats
ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー
●第二部
ベネット, リチャード・ロドニー:4つの小品組曲
 悲しみのサンバ
 カントリー・ブルース
 ラグタイム・ワルツ
 フィナーレ
カプースチン:ディジーガレスピーの“マンテカ”によるパラフレーズ
問合先 0574-73-3982
WEB
メッセージ ジャズテイストなクラシカル曲をお楽しみください。

出演者情報


 国立音楽大学器楽部ピアノ専攻卒業。
米国イースタンミシガン州立大学にて修士号(Master of Art)、ルイジアナ州立大学にて音楽芸術博士号(Doctor of Musical Art)を取得。両大学において奨学金を受け、助手として教鞭を取る。これまでにウラディミール・竹の内、ジョセフ・ガーツ、マイケル・ガーツ、ポウル・オシュトラフスキー、ウラディミール・フェルツマンの各氏に師事。
アメリカ国内外でのコンクール及びリサイタルを通し、表現力に優れたピアニストとしての評価を得る。帰国後、精力的に演奏活動を続ける。明快なトークを交えた演奏会はクラシックファンを着実に増やしていると好評。
1999年にSUZUKI PIANO SCHOOLを開設、主宰し、後進の育成にも力を注ぐ。(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)より10年連続で指導者賞、日本クラシック音楽コンクール優秀指導賞を授与される。他にも、ちば音楽コンクール、JPTAピアノオーディション、ピアラピアノコンクールなどにも毎年上位入賞者を輩出。優れた指導者としても注目される。
近年はコンクールでの審査活動とともに、ピティナ・ピアノ・ステップのアドヴァイザーとして日本各地で指導活動、トークコンサートのリクエストにも応えている。
(社)全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナ千葉外房ステーション代表。


 大学在学中より多くのコンクールで入選、入賞を果たす他、マスタークラスにも積極的に参加するなど、研鑚を重ねた。1998年にデビューリサイタルを開催。その後はソロのほか、国際音楽祭への出演を含め、多くの国内外の演奏家とも共演し、協奏曲や室内楽、伴奏においても高い評価を得ている。洗足学園音楽大学講師、昭和音楽大学非常勤講師。

今後の公演

  データはございません