宮﨑貴子フォルテピアノリサイタル vol.3 〜18世紀音楽サロンへの誘い〜
 
日時 2016年11月22日(火) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 トッパンホール (東京)
出演 宮﨑貴子、宮﨑貴子(フォルテピアノ)
料金 一般 4000円/学生 1500円
曲目 M.マルティネス:ソナタ ト長調
C.P.E.バッハ:ソナタ ト長調 Wq55/6
J.ハイドン:ピアノ・ソナタ ニ長調 Hob.XVI/37
M.クレメンティ:ソナタ ト短調op.7/3
W.A.モーツァルト:ピアノ協奏曲17番 ト長調 K453 (室内楽版) 
ほか
問合先 kollege-m@takakomiyazaki.com
WEB
メッセージ 東京でのフォルテピアノリサイタルは3回目を迎えます。 今のピアノのような大きな響きこそ出せませんが、雅な音色で『語る』ことが得意なフォルテピアノ。 古典派の巨匠たちが聴いていたであろうその音を通して作品を見つめると、作品はひとりでに歩き出し、ピアノが生まれて花開いていった時代の作曲家たちの感動、挑戦、想いを、すぐ目の前で見せてくれるような気がします。 そこにある大きな魅力のひとつが、音符たちの様々なおしゃべり! 今年はさらに多くの楽器との会話もお楽しみ頂きたく、モーツァルトの《ピアノ協奏曲17番》を室内楽編成でお聴き頂きたいと思っております。 この曲はモーツァルトの優秀な弟子のピアニスト、プロイヤー嬢の為に作曲され、彼女によってプロイヤー邸で初演されました。 18世紀のサロン、貴族たちのおしゃべり、まるで生き物のように会話する楽器たち・・・。 そんな古典派時代の一場面をお楽しみ頂きたいと思います。 『ショパン』2016年6月号に執筆させて頂いた女性作曲家、マルティネスの作品も演奏します。

出演者情報


 大阪府出身。東京音楽大学ピアノ演奏家コースおよび同大学大学院を経て、ドイツ・ハノーファー音楽演劇メディア大学ピアノ科を一等賞、古楽器科を首席で卒業。現在同大学修士課程鍵盤楽器研究領域フォルテピアノ専攻在籍。これまでにピアノを故・神野明、藤原亜美、石井克典、播本枝未子、倉沢仁子、ゲリット・ツィッーバルトの各氏に、現在はフォルテピアノをG.ツィッーバルト、ツヴィ・メニカー、チェンバロをZ.メニカー、リート伴奏法をヤン・フィリップ・シュルツェの各氏に師事。
現在ハノーファー音楽演劇メディア大学オペラ科にて伴奏助手を務める。
多摩フレッシュ音楽コンサート最優秀賞、大阪国際音楽コンクールアヴニール賞の他国内コンクールにて多数受賞。
2011年ドイツ全国音楽大学選抜コンクールリートデュオ部門第3位(リューベック、ドイツ)、2012年シューベルトと現代音楽国際コンクールリートデュオ部門ファイナリスト(グラーツ、オーストリア)、2013年国際シューベルト
リートデュオコンクール第1位(ドルトムント、ドイツ)。
2010年東京と大阪でピアノソロリサイルを開催。2011年ニーダーザクセン歌劇場管弦楽団(TfNPhilharmonie)の客演ソリストとして、フォルテピアノでベートーヴェンのピアノ協奏曲作品61aを共演(ニーンブルク、ドイツ)。ヨーロピアン・トロンボーン・フェスティバル Slide Factory 2011(ロッテルダム、オランダ)公式伴奏者、2013年国際ヘンデル音楽祭(ゲッティンゲン、ドイツにチェンバリストとして出演。ドイツ・ゲッティンで定期的に行っているフォルテピアノによるレクチャーコンサートは地元紙にも取り上げられ人気を博している。ドイツ国内外でのソロ活動の傍ら、伴奏者・室内楽奏者としても多彩な活動を展開しており、その日本人離れした豊かな色彩感のある演奏と熱心な楽曲研究で高い評価を得ている。