カンマームジーク コンサート by 本多昌子 Vol 7  伝統を受け継いでいく作曲家達
日時 2016年10月1日(土) 開演:15時 開場:14時30分   
会場 JTホール アフィニス (東京)
出演 本多昌子、クリストフ・エーレンフェルナーVn.、ヘルベルト・ミュラーVa.、山中直子Vn.、富岡廉太郎Vc.
料金 全席自由 一般4000円 学生2000円
曲目 ベートーヴェン:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第7番 ハ短調 作品30-2
ブラームス:ヴィオラとピアノのためのソナタ 第2番 変ホ長調 作品120-2
ドボルジャーク:ピアノ五重奏曲 イ長調 作品81
問合先 東音企画 03-3944-1581
WEB チケット取扱 カンフェティ 0120-240-540
メッセージ ブラームスは、ベートーヴェンの亡くなった1827年の6 年後1833年に誕生、二人に接点があった訳ではないので すが、ブラームス自身はベートーヴェンの後継者としての 意識を強く持っていたといわれています。 また、ブラームスが42歳の時、オーストリア国家奨学金 の選考委員を引き受けますが、そのときに見いだしたのが ドボルジャークでした。芸術の継承を思わせるこの三人の 室内楽曲を、昨年共演したウイーンからのエーレンフェル ナー氏、ミュラー氏、そして山中直子氏、富岡廉太郎氏と 演奏します。 音楽は、お互いの心の対話から生まれる時間の芸術で もあります。 秋のひととき、ロマン期を生きた作曲家達の名曲でお楽 しみ頂けましたら幸いです。