Feria de Primavera ~スペインの粋と燦~ Matinée 魅惑のクラシック Soirée 情熱のフラメンコ
 
日時 2016年4月9日(土) 開演:16時 開場:15時30分   2016年4月9日(土) 開演:19時30分 開場:19時
会場 仙川フィックスホール (東京)
出演 神谷朱里、Matinée Voエリカ・コロン / Pf下山静香 / Pf神谷朱里 / Gt林祥太郎 Soirée  Baile石川慶子 / Baile中原潤 / Canteエル・ニーニョ・カガオ Gt 石井奏碧 / Per 朱雀はるな / Vl 森川拓哉 / Pf 神谷朱里
料金 [全席自由] Matinée 3,000円 Soirée 4,500円 通し券6,500円(当日券 +500円)
※ピティナ会員5%OFF(会員カードをご提示ください)
曲目 タレガ:アルハンブラの思い出
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ファリャ:恋は魔術師
アルベニス:スペインの歌より 1.アストゥリアス
グラナドス:スペイン舞曲集より 2.オリエンタル
グラナドス:スペイン舞曲集より 5.アンダルーサ
ファリャ:7つのスペイン民謡
モンサルバーチェ:5つの黒人の歌
問合先 株)サウンドフィックス / 042-370-1844   Luzonar / luzonarmusica@gmail.com
WEB WEBサイト
メッセージ 2016年4月1日。仙川アヴェニューホールから経営が代わり、名前を改め、内容を一新し、仙川フィックスホールとしてスタートする。ホールとして新たに生まれ変わったスタートという意味を込めて、10日間にわたる杮落とし公演を開催。その第9日はスペイン春の音楽祭り。マチネではクラシック音楽、ソワレではフラメンコ音楽を、国内外で活躍するアーティストによって幅広いスペイン音楽の世界を表現する。

出演者情報


 3歳より、母の手ほどきでピアノを始める。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。その後ニューヨーク、シカゴ、フランス、スペインに短期留学。15歳より声楽をはじめるが、その後大学在学中よりポップス、R&B、ロック、ジャズなどのボーカル活動も開始。
大学在学中よりスペイン音楽に魅せられ、2011年にはスペインで最も古い歴史を持つ音楽祭にスペイン文化省の奨学金を得て渡西。Josep Colom、故Antonio Iglesiasのもとでスペイン音楽を学ぶ。スペインで有名な作曲家の一人、Anton Garcia Abirilの曲を彼の前で演奏し、称賛を浴びる。またSantiago de Compostela大聖堂にて聖歌隊としての経験をもつ。
ポーランド国立クラクフ管弦楽団との協演をはじめ、NHKやセルバンテス文化センター東京のスペイン講座での演奏やワークショップ、
“弾く、歌う、吹く、叩く、語る”といった様々な楽器を操ったアウトリーチコンサートや、様々な音楽家やアーティストとのコラボレーショにも積極的に取り組んでいる。
後進の指導では自身の音楽教室を東京と愛知にもち、ピアノ実技はもちろん、音楽を表現するためのバックヤードであるソルフェージュ・音感教育も大切にし、ビギナーやアマチュアから受験生や音大生まで幅広く指導する。毎年、各資格合格者、コンクール入賞者、音高・音大合格者を輩出している。

全日本ピアノ指導者協会(PTNA) 正会員
愛知ピアノ研究会 会員
東京ミューズ・アカデミー(音高・音大受験予備校) 講師
青少年のためのスペイン音楽ピアノコンクール 予選審査員

教室紹介は<a href="http://www.piano.or.jp/teacher/findteacher/information/189119/" target="_blank">こちら</a>よりご覧ください。

今後の公演

  データはございません

これまでの公演(過去3年間)

  データはございません