ピアノ協奏曲の楽しみ 〜シューマンピアノ協奏曲イ短調Op.54を中心に〜
日時 2016年9月3日(土) 開演:13時 開場:12時30分   
会場 学校法人三室戸学園創立50周年記念館ホール (東京)
出演 中島裕紀(Pf)
料金 3,000円
曲目 何十人ものオーケストラをバックに演奏する協奏曲。その中でも、ひときわ華やかなスタイルを持つのがピアノ協奏曲です。古くから演奏形態の花形のような存在として、多くの作曲家が作品を書いています。
この講座では、そのピアノ協奏曲の世界に、さまざまな角度から切り込み、エピソードなどを交えながら紐解いていく中で、聴く楽しさをより深めていただけるように、ご紹介をしていきたいと思います。
作品としては、シューマンのピアノ協奏曲イ短調Op.54を中心に取り上げます。美しいメロディーや込められた思いなどと共に、イメージの世界を広げていただけましたら幸いです。
問合先 東邦音楽大学エクステンションセンター事務局
WEB
メッセージ 華やかなピアノ協奏曲の世界を紐解き、その面白さと美しさ、また楽しみ方などをわかりやすく解説いたします。 今回中心とするシューマンのピアノ協奏曲を始め、さまざまな作曲家の作品に興味を持っていただけましたら幸いです。

出演者情報


 東京学芸大学ピアノ専攻卒業、同大学院修士課程修了、ドイツ国立ブレーメン芸術大学専攻課程(大学院)ピアノ科首席卒業。在欧中には、ソロリサイタルのほか、数多くの公の演奏会に出演し紙上等で好評を博す。また、ルドルフ=ブーフビンダー(ピアノ)、T. ブランディス&D. レヴィン(古典 ソナタ)、K. モル(リート伴奏)のマイスタークラスに参加、修了演奏会に出演し、高い評価を受ける。帰国後は1993年の東京デビューリサイタルを皮切りに、日本各地及びドイツでソロリサイタルやデュオ、レクチャーコンサート、講演など幅広い活動を行うと共に、コンクール審査員、ピアノ講座の講師等としてピアノ教育振興に携わる。現在、東邦音楽大学准教授、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。

今後の公演

  データはございません