第13回 ロシアン・ピアノスクールin東京 2015
 
日時 2015年8月8日(土)から2015年8月15日(土)まで   
会場 カワイ表参道 コンサートサロン パウゼ (東京)
出演 アンドレイ・ピサレフ、音楽監督:セルゲイ・ドレンスキー教授(ピアノ)、パーヴェル・ネルセシヤン教授(ピアノ)
料金 公開レッスン聴講料:各2500円、講師模範演奏会:各3000円、受講生選抜演奏会:1000円
曲目 【公開レッスン】
◎日時◎ 8/8(土)~8/15(土) 全16回 10:00-14:00
 ※8/8は11:00-15:00、8/10・8/14は10:00-15:00予定。
 ※詳しくはお問い合わせください。

【講師模範演奏】18:30開場、19:00開演
【受講生選抜演奏会】18:15開場、18:30開演
問合先 カワイ音楽振興会「ロシアン・ピアノスクールin東京」事務局 03-5485-8511
WEB
メッセージ 受講申し込み受付期間:2015年4月1日~5月31日 ★応募方法はお問い合わせください。 聴講のお申し込みは、6月1日より受付いたします。

出演者情報


 1962年ロシア・ロストフ生まれ。15才でモスクワ中央音楽学校に入学し、1978年モス クワ音楽院に入学、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。
1983年ラフマニノフ・コンクール優勝。"ピサレフの演奏スタイルは、最も作曲家に忠実であり、ステージでの彼は、高貴で洗練されており、その技量はラフマニノフを彷彿とさせた"と評された。 

1991年2月ザルツブルグで開かれた第5回国際モーツァルトコンクール優勝。同国際コンクールピアノ部門では久しぶりの第1位である。同年ブゾーニ国際コンクール 第4位、及びモーツァルト賞受賞。1992年プレトリア国際コンクール優勝、及びモーツァルト賞受賞。すでに、ロシア国内を始め、ヨーロッパ各地やアメリカ、南アフリカにソリストとして招かれており、演奏活動を展開。レニングラードフィル(現サンクト・ペテルブルグフィル)、モスクワ国立響、ミラノRAI等と共演。

 1992年3月初来日後、公演を重ね、大友直人指揮日本フィルハーモニー交響楽団と も共演している。東芝EMI(全音楽譜タイアップ版)、ヤマハからCDが日本国内で発売されたほか、現在はアルテ・ノヴァから数枚のソロやコンチェルトのCDをリリースしている。
 2000年~2005年くらしき作陽大学音楽学部モスクワ音楽院特別演奏コース特任教授を務めた。現在、モスクワ音楽院助教授を務め、各地でリサイタルやコンチェルトのほか、マスタークラスなど後進の指導にもあたっている。

今後の公演

  データはございません

これまでの公演(過去3年間)

  データはございません