春の祭典 ~二人のピアニストと二人の打楽器奏者による~
 
チケット購入にはカンフェティの会員登録が必要です。
日時 2015年5月31日(日) 開演:14時 開場:13時30分   
会場 東京文化会館(小ホール) (東京都)
出演 日置寿美子(Pf.)、吉岡孝悦(Pc.) 中村麗(Pf.) Pascal Pons(Pc.)
料金 前売4,000円、当日4,500円
曲目 サン=サーンス:死の舞踏 Op.40(二台ピアノ)
田中利光:ゲシュタルトⅡ(マリンバと打楽器)
ホセ・ラファエル・スビア:新作(ピアノと打楽器)【委嘱初演】
ヤニス・クセナキス:ルボンズ B(打楽器独奏)
カプースチン:ディジーガレスピーの“マンテカ”によるパラフレーズ(ニ台ピアノ)
イゴール・ストラヴィンスキー:春の祭典(二台ピアノ)※
問合先 春の祭典実行委員会(080-5515-1321/090-2768-6386)
WEB
メッセージ 『舞』をテーマに、躍動感あふれる様々な音楽を集めました。 国際的に活躍する二人の打楽器奏者と、日置寿美子と師弟関係にありコンテンポラリーミュージックのピアニストとして世界的に活躍する中村麗を加えた、4人の初コラボレーションです。どうぞご期待ください。 ※都合により、春の祭典は二台ピアノで演奏することになりまし た。

出演者情報


 東京生まれ。幼少より桐朋学園大学附属子供のための音楽教室に学び、10歳より故大島正泰氏に師事。桐朋学園大学音楽学部在学中に第46回日本音楽コンクール第二位入賞。同校卒業後、インディアナ大学音楽学部アーティストディプロマコースにて故G・シェベック氏に師事。同校を優等賞・名誉学生の称号を得て卒業。第19回ブダペスト国際音楽コンクールピアノ部門にてブダペスト市特別賞受賞。その後、日本及びブラジルで、多くのリサイタル、オーケストラとの共演の他、国内外の著名演奏家と共演も多い。NHKFM放送にも十数回に渡りソロ出演。現在、演奏活動の傍ら、昭和音楽大学、洗足学園音楽大学、桐朋学園大学附属子供のための音楽教室で後進の指導に当たっている。PTNA及び日本ショパン協会正会員。

今後の公演

  データはございません