クラウディオ•ソアレス 来日30周年&還暦記念コンサート
 
チケット購入にはカンフェティの会員登録が必要です。
日時 2015年3月2日(月) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 ヤマハホール (東京都)
出演 田村 響黒田亜樹崎谷明弘、クラウディオ•ソアレス、山田剛史、永野光太郎、水谷 桃子
料金 一般•全席自由 4,000円 (当日4,500円)
曲目 ◆第1部
バッハ:イギリス組曲 第4番 ヘ長調(山田)
ショパン:バラード第4番 ヘ短調(水谷)
ヴィラ=ロボス:ブラジルの詩 より 吟遊詩人の印象(ソアレス)
マーラー(杉山洋一編):スーパー・アダージェット-間奏曲XIII(黒田)
◆第2部
リスト:「ドン・ジョヴァンニ」の回想(モーツァルト)(崎谷)
ドビュッシー:映像 第2集 より 金色の魚(永野)
ショパン:舟歌(永野)
ショパン: 華麗なる円舞曲 作品34(田村)
問合先 soares30years@gmail.com
WEB
メッセージ ピティナでも大活躍! 長年にわたって優秀な生徒を世に送り続けてきたクラウディオ•ソアレスの来日30周年と還暦を記念した演奏会の東京公演に、世代を超えた門下生が大集結。 特級グランプリ受賞者でロン=ティボー国際ピアノコンクールを弱冠20歳で制し、いまや日本を代表するピアニストの田村響、あらゆる音楽ジャンルで幅広く活動し、ピティナ課題曲セミナーでもおなじみの黒田亜樹、一昨年のブゾーニ国際で入賞し昨年のハエン賞国際でも優勝を果たすなど、これからが期待される崎谷明弘等々、注目のメンバーが銀座•ヤマハホールに集まります。 プログラムはバッハからロマン派の美しい作品、マーラーなど多岐に渡り、演奏スタイルも、柔あり剛あり個性的。 どうぞ、バラエティに富んだ楽しい1時間半をお過ごし下さい。

出演者情報


 1986年愛知県安城市生まれ。愛知県立明和高校音楽科を卒業後、18歳でザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学、大阪音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。
ピティナ・ピアノコンペティション全国大会においてB級銀賞(小2)、C級金賞(小3)、E級金賞(小5)、G級金賞(中2)を受賞。
2002年特級グランプリを最年少(15歳)で受賞、エトリンゲン青少年国際ピアノ・コンクールB部門第2位及びハイドン賞、第18回園田高弘賞ピアノ・コンクールにて園田高弘賞第1位を最年少(15歳)で受賞。
2007年10月にパリで開催された世界的なコンクールのひとつであるロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き一躍世界に注目されるに至った。合わせて、ショパン、フォーレ、協奏曲、新曲課題の最優秀演奏者に贈られる各賞を受賞。
これまでに国内ではNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、シティ・フィルハーモニック管弦楽団、山形交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、国外ではケルン放送交響楽団、カンヌ管弦楽団、トリヤッティ・フィルハーモニー管弦楽団、リベイランプレート交響楽団、カイロ交響楽団、ベトナム国立交響楽団などと共演。
その活動は日本全国各地をはじめ、フランス、ドイツ、オーストリア、ポーランド、オランダ、イタリア、ロシア、エジプト、ブラジル、中国、台湾、ベトナムに及んだ。
室内楽活動にも力を入れており、これまでにマキシム・ヴェンゲーロフ、アントニオ・メネセス、堀米ゆず子、篠崎史紀、宮田大、三浦文彰などの各氏と共演している。これまでにCDを4枚リリース。
2003年度アリオン賞、2006年第16回出光音楽賞、2008年文化庁長官表彰・国際芸術部門、安城市市民栄誉賞、2009年第10回ホテルオークラ音楽賞、2015年度文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞、愛知県芸術文化選奨文化新人賞を受賞。
2015年4月に京都市立芸術大学音楽学部専任講師に就任。


 6歳よりピアノを始める。ヤマハマスターコース、県立西宮高校音楽科を卒業後、渡仏し、国立パリ高等音楽院にて入学時から卒業時まで満場一致の首席の成績を修める。ピティナ・ピアノコンペティションにおいてD級金賞・特級銀賞、福田靖子賞選考会優秀賞第一席(第2位)、日本音楽コンクール第3位をはじめとする国内コンクールに上位入賞、全日本学生音楽コンクール、カラブリア国際ピアノコンクール、リヨン国際ピアノコンクールで優勝を果たし、2013年、第59回ブゾーニ国際ピアノコンクールにて1位なしの第3位に入賞。続く2014年、第56回ハエン賞国際ピアノコンクールにて第1位、併せて聴衆賞とスペイン音楽特別賞も受賞した。近年は欧州と日本を中心に精力的な演奏活動を展開。大阪交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ハイドンオーケストラ等と競演多数。現在東京藝術大学大学院修士課程在籍。これまでに渡辺純子、鳥居知行、クラウディオ・ソアレス、荒木美佳、ジャック・ルヴィエ、迫昭嘉の各氏に師事。1988年10月16日生、神戸市出身、千葉県千葉市在住。


 東京芸術大学卒業後、イタリア・ペスカーラ音楽院高等課程を最高位修了。
フランス音楽コンクール優勝。ジローナ20世紀音楽コンクール現代作品特別賞受賞。現代音楽演奏コンクール優勝、朝日現代音楽賞受賞。卓越した技術と鋭い感性は作曲家からの信頼も高く、「ISCM世界音楽の日々」「現代の音楽展」「サントリーサマーフェスティバル」「B→Cバッハからコンテンポラリー」など、主要な現代音楽演奏会にて内外作品の初演を多数手がける。ビクターより「タンゴ・プレリュード」「タンゴ2000」をリリース。タンゴの本質を捉えた表現と大胆なアレンジは各方面で注目された。2013年にはバンドネオン奏者の小松亮太氏とともにピアソラ作曲オペラ『ブエノスアイレスのマリア』を、ピアソラ元夫人で歌手のアメリータ・バタールを迎え完全上演し話題を呼んだ。国外ではサルデーニャのSpazioMusica現代音楽祭でブソッティ作品の初演、パルマのレッジョ劇場でキース・エマーソンの代表作「タルカス」を現代作品として蘇演、シチリアのエトネ音楽祭出演などイタリアを中心に活動。
作曲家・植松伸夫と浜渦正志の指名により録音した「PianoCollections
FINALFANTASY」やイタリアLIMENレーベルよりリリースした「ブルクミュラー練習曲全集」のDVDによっても、世界中のファンに親しまれている。
2014年アメリカのオドラデクレーベルより「火の鳥」~20世紀音楽ピアノのための編曲集リリース。イギリスBBCミュージックマガジン5つ星、レコード芸術誌特選盤。「東京現音計画」メンバーとしてサントリー芸術財団2014年佐治敬三賞受賞。
ピアノ演奏法の優れた教師としても知られ、国際コンクールの上位入賞者を多数輩出している。ペスカーラ音楽院教授。

今後の公演

  データはございません