佐藤展子・圭奈 デュオコンサート Vol.2〜ピアノでオーケストラ!
日時 2015年2月11日(水) 開演:17時 開場:16時30分   
会場 越谷サンシティホール 小ホール (埼玉県)
出演 佐藤 展子佐藤 圭奈
料金 全席自由1,000円
曲目 グリンカ:リュスランとリュドミラ 序曲
モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク
リスト:リゴレット(演奏会用パラフレーズ)(ヴェルディ)
チャイコフスキー:舞踏組曲「くるみ割り人形」
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
問合先 佐藤音楽教室 048-966-1524
WEB
メッセージ 聞き覚えのあるオーケストラ作品を、迫力のピアノ連弾とソロでお届けします。公演時間は約1時間、小学生以下は無料で入場できます。ご来場お待ちしております!

出演者情報


 東京音楽大学付属高校、同大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学院修士課程修了。在学中特待生として奨学金を得る。モーツァルテウム音楽院サマーアカデミーに奨学金を得て参加、A.ヤシンスキ氏に師事。卒業演奏会、讀賣新人演奏会、調律師協会主催新人演奏会に出演。英国王立音楽院に奨学金を得て短期留学。第25回ピティナ・ピアノコンペティション特級金賞グランプリ受賞。日本フィルハーモニー交響楽団、アンサンブル信州in宮田と共演。現在、東京音楽大学非常勤講師。
ソロ活動のほか、アンサンブルピアニストとしても国内外で活動。近年では、世界的フルーティスト、W.ベネット氏によるマスタークラス(イギリス、ベルギー、日本)に伴奏ピアニストとして招かれている。これまでW.ベネット、D.ブリアコフ、A.ルゴフキナと共演。また、全日本ピアノ指導者協会主催「学校クラスコンサート」には2005年開始当初から出演、これまでに全国各地の小学校で190回以上のコンサートを行う。
ピアノを故神野明、加藤一郎、加藤恭子、播本枝未子、倉沢仁子、故C.ベンソン、室内楽を土田英介、迫昭嘉各氏に師事。
ショパンのマズルカ全曲を録音中、ピティナホームページにてコラムと共に音源を公開中。
『ショパン 音のエッセイ~マズルカを味わう』 
http://www.piano.or.jp/report/01cmp/st_mzrk/


 埼玉県出身。3歳よりピアノを始める。特待奨学生として、東京音楽大学付属高校を経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。その後渡独し、ドイツ・ハノーファー音楽演劇メディア大学を経て、同大学ソリスト課程卒業。ドイツ国家演奏家資格取得。2009年度野村国際文化財団奨学生。2010年度文化庁新進芸術家海外留学研修員。これまでに加藤一郎、加藤恭子、播本枝未子、倉沢仁子、マッティ・ラエカリオ、マルクス・グローの各氏に師事。
第7回埼玉ピアノコンクール金賞。第73回日本音楽コンクール入選。第3回アマデオ賞国際ピアノコンクール(ドイツ)第3位、モーツァルト特別賞。第32回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ併せて文部科学大臣賞、東京シティ・フィル賞、ミキモト賞、王子賞、聖徳大学川並賞、讀賣新聞社賞の各賞を受賞。 第13回ルチアーノ・ガンテ国際ピアノコンクールショパン賞、他特別賞(イタリア)。第3回香港国際ピアノコンクール(香港)第2位。他国内外のコンクールにて多数入選、入賞を果たす。
これまでに、飯森範親、高関健、ケン・シェ、飯守泰次郎、ウラディーミル・アシュケナージ、マティアス・ミュラーの各氏、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、東京フィルハーモニー交響楽団、東京ニューシティ管弦楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、香港フィルハーモニックオーケストラ、ゲッティンゲン管弦楽団等と共演。国内はもとより、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダにて、ソロリサイタルやピアノデュオ、室内楽、器楽伴奏等で演奏会に多数出演し、好評を得る。2016年には初のソロCD「Träumerei」をリリース。近年では、ピティナ主催「学校クラスコンサート」に定期出演し、各地の小学校にてコンサートを行うなど幅広く活動するほか、後進の指導にもあたっている。

今後の公演

  データはございません