小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》 第14回 Ch.W.グルック Christoph Willibald Gluck [1714-1787]
 
チケット購入にはカンフェティの会員登録が必要です。
日時 2014年11月19日(水) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 近江楽堂 (東京)
出演 小倉 貴久子(クラヴィーア)、野々下由香里(ソプラノ)
料金 全席自由:1回券 4,000円(学生2,000円) 3回セット券 10,000円(「メヌエット・デア・フリューゲル」及び「近江楽堂・松木アートオフィス]のみでの取扱い) ・未就学児の入場はご遠慮ください。 ・当日券の有無についてはお問い合わせの上、ご来場ください。
曲目 グルック:「戦いの歌」「ああ、私のやさしい炎が」/歌劇《思いがけない巡り会い》より序曲、「われら愚かな民の思うは」「見知らぬすてきな方」「あなたがあんなに突然立ち去ってしまわなければ」
モーツァルト:小品 K.15b/アンダンティーノ K.236/ グルックの歌劇《思いがけない巡り会い》の「われら愚かな民の思うは」による10の変奏曲 K.455ソナタ 変ロ長調 K.570/「鳥たちよ、年ごとに」、「寂しい森の中で」「ルイーゼが不実な恋人の手紙を焼いたとき」/歌劇《フィガロの結婚》より「自分で自分が分からない」「恋とはどんなものかしら」
問合先 メヌエット・デア・フリューゲル(主催) TEL:048-688-4921 mdf-ks@h7.dion.ne.jp 近江楽堂 松木アートオフィス TEL:03-5353-6937
WEB メヌエット・デア・フリューゲル
メッセージ 「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」には毎回、モーツァルトと関わりのある作曲家をひとりずつゲストとして迎えます。モーツァルトとゲスト作曲家のクラヴィーアのソロ作品、またピリオド楽器奏者と共にお届けする室内楽、連弾、歌曲などなど、お話を交えながらのコンサートです。18世紀にタイムスリップしたかのようなひととき、「モーツァルトのクラヴィーアのある部屋」にみなさまをご案内いたします!