日本センチュリー交響楽団コンサート~生誕150周年・シベリウスの魅惑 神戸の新星が奏でるラフマニノフ~
 
日時 2015年1月31日(土) 開演:15時 開場:14時30分   
会場 神戸新聞松方ホール (兵庫県)
出演 崎谷 明弘(pf)、日本センチュリー交響楽団
料金 一般4,600円(全席指定・税込)
曲目 ■演奏予定曲目
シベリウス:組曲「カレリア」
シベリウス:祝祭アンダンテ
シベリウス:悲しきワルツ
シベリウス:交響詩「フィンランディア」
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調
問合先 078-362-7191
WEB
メッセージ 第1部は生誕150周年を迎えるシベリウスの世界観を堪能できるプログラム。第2部は、第56回ハエン賞国際ピアノコンクールで優勝を果たすなど、躍進めざましい神戸出身のピアニスト・崎谷明弘氏がラフマニノフの大曲に挑みます

出演者情報


 6歳よりピアノを始める。ヤマハマスターコース、県立西宮高校音楽科を卒業後、渡仏し、国立パリ高等音楽院にて入学時から卒業時まで満場一致の首席の成績を修める。ピティナ・ピアノコンペティションにおいてD級金賞・特級銀賞、福田靖子賞選考会優秀賞第一席(第2位)、日本音楽コンクール第3位をはじめとする国内コンクールに上位入賞、全日本学生音楽コンクール、カラブリア国際ピアノコンクール、リヨン国際ピアノコンクールで優勝を果たし、2013年、第59回ブゾーニ国際ピアノコンクールにて1位なしの第3位に入賞。続く2014年、第56回ハエン賞国際ピアノコンクールにて第1位、併せて聴衆賞とスペイン音楽特別賞も受賞した。近年は欧州と日本を中心に精力的な演奏活動を展開。大阪交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、ハイドンオーケストラ等と競演多数。現在東京藝術大学大学院修士課程在籍。これまでに渡辺純子、鳥居知行、クラウディオ・ソアレス、荒木美佳、ジャック・ルヴィエ、迫昭嘉の各氏に師事。1988年10月16日生、神戸市出身、千葉県千葉市在住。