神谷朱里&須田隆久Salon Concert ~スペインとの出会い
 
日時 2014年1月12日(日) 開演:15時 開場:14時30分   
会場 MFYサロン (東京)
出演 神谷朱里(ピアノ)、須田隆久(フラメンコギター弾き語り、カホン、琵琶)、上籔洋子(パルマ)
料金 3500円(1drink)
曲目 Bach por Flamenco
Di, di, Ana
Orobroy
Zorongo
Mompou
Granados
春の海、、他
問合先 090-7400-9374 melodiedange@mail.goo.ne.jp
WEB
メッセージ 日本とスペインが交流を始めてから今年で400年! 遥か西の端のスペインと東の端の日本とがこれほど魅かれあうのは何故か。。 400年経った現代においても私達はスペインに憧れ続ける。 日本人である事を誇りに思うと同時にスペイン/フラメンコに魅了された2人の競演。 今回はスペイン/フラメンコと日本の曲を彼らなりにアレンジし、ご披露する予定です。 和と洋が調和し、音響システムを使わずに音楽を聴く為に建築されたこの空間での演奏会をお楽しみ下さい。

出演者情報


 3歳より、母の手ほどきでピアノを始める。愛知県立明和高校音楽科、桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。その後ニューヨーク、シカゴ、フランス、スペインに短期留学。15歳より声楽をはじめるが、その後大学在学中よりポップス、R&B、ロック、ジャズなどのボーカル活動も開始。
大学在学中よりスペイン音楽に魅せられ、2011年にはスペインで最も古い歴史を持つ音楽祭にスペイン文化省の奨学金を得て渡西。Josep Colom、故Antonio Iglesiasのもとでスペイン音楽を学ぶ。スペインで有名な作曲家の一人、Anton Garcia Abirilの曲を彼の前で演奏し、称賛を浴びる。またSantiago de Compostela大聖堂にて聖歌隊としての経験をもつ。
ポーランド国立クラクフ管弦楽団との協演をはじめ、NHKやセルバンテス文化センター東京のスペイン講座での演奏やワークショップ、
“弾く、歌う、吹く、叩く、語る”といった様々な楽器を操ったアウトリーチコンサートや、様々な音楽家やアーティストとのコラボレーショにも積極的に取り組んでいる。
後進の指導では自身の音楽教室を東京と愛知にもち、ピアノ実技はもちろん、音楽を表現するためのバックヤードであるソルフェージュ・音感教育も大切にし、ビギナーやアマチュアから受験生や音大生まで幅広く指導する。毎年、各資格合格者、コンクール入賞者、音高・音大合格者を輩出している。

全日本ピアノ指導者協会(PTNA) 正会員
愛知ピアノ研究会 会員
東京ミューズ・アカデミー(音高・音大受験予備校) 講師
青少年のためのスペイン音楽ピアノコンクール 予選審査員

教室紹介は<a href="http://www.piano.or.jp/teacher/findteacher/information/189119/" target="_blank">こちら</a>よりご覧ください。

今後の公演

  データはございません

これまでの公演(過去3年間)

  データはございません