国際会議INMS2013 第二部 山岸ルツ子ピアノリサイタル~先端科学技術とクラシックピアノ音楽との出会い~
日時 2013年12月2日(月) 開演:18時50分 開場:18時20分   
会場 アクトシティ浜松 中ホール (静岡)
出演 山岸 ルツ子
料金 1,000円(全席自由)
曲目 G.F.ヘンデル シャコンヌ ト長調 HWV435
F.ショパン スケルツォオ第2番 変ロ短調 Op.31
F.ショパン 即興曲第3番 変ト長調 Op.51
F.ショパン 英雄ポロネーズ 変イ長調 Op.53
F.リスト 愛の夢第3番
F.リスト パガニーニ大練習曲第3番「ラ・カンパネラ」
S.ラフマニノフ(F.クライラー)「愛の悲しみ」
S.ラフマニノフ 音の絵 作品39-6「赤ずきんちゃんと狼」
F.リスト 巡礼の年第2年 イタリア 第7曲「ダンテを読んで」(ソナタ風幻想曲)
問合先 静岡大学大学院 工学研究科(電子工学研究所) 中本研究室 E-mail: nakamoto.inms2013@gmail.com
WEB
メッセージ 第7回先端科学技術国際会議The 7th International Nanotechnology / MEMS Seminar(INMS2013)の開催に伴い、第二部として山岸ルツ子ピアノリサイタルを一般公開。楽器創り・物創り・技術の街浜松をアピールするという意味を兼ねて、INMS2013用特別プログラムをご用意。ピアノという技術革新の歴史と共にあった作曲家達の曲をハープシコードの時代のバロック音楽から、現代のピアノに至るロマン・近代の作品でプログラムを組み、演奏とトークでその変遷を辿る。