金澤攝シリーズ歴史の空白を探る ワルター・ニーマンの足跡
 
チケット購入にはカンフェティの会員登録が必要です。
日時 2013年11月14日(木) 開演:16時 開場:15時30分   
会場 金沢市アートホール (石川)
出演 金澤 攝、上田泰史(ゲスト/音楽学)
料金 3000円
曲目 組曲Op.23
かっこう
山々の物語
ピアノソナタ第一番イ短調
古代支那
水の戯れ
前奏曲、間奏曲とフーガ
組曲Op・84
ファラオの国
日本
陽気なソナタ
問合先 harvestk9@gmail.com 090-2099-0155
WEB
メッセージ 歴史に埋もれた作曲家を掘り起こす、彼の大事業です。

出演者情報


 作曲家、ピアニスト、研究家。1959年、石川県金沢生まれ。70年から74年までピアノを宮沢明子氏に師事。
15歳で渡仏、パリに学ぶ。作曲を独学で学び、ピアノのレッスンに並行して広範囲にわたる作曲家の研究に取り組む。78年、知られざる名作を日本に紹介すべく帰国、研鑽を重ね、現在約一千名の音楽家を対象として研究、演奏を行っている。第7回ラ・ロシェル(メシアン)国際コンクール第2位(1位なし)、第1回現代音楽コンクール審査委員長(故・園田高弘氏)奨励賞、第3回村松賞大賞、金沢市文化活動賞、石川テレビ賞ほかを受賞。ピティナ公式Webサイトにて、著作「ピアノ・ブロッサム」「音楽における九星」を掲載。