生誕200年を迎える作曲家たち 2013
 
日時 2013年6月27日(木) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 金沢21世紀美術館 シアター21 (石川県)
出演 金澤 攝(ピアノ)
料金 1日券2000円 両日券3000円
曲目 6月6日(木)エルンストン・ハーバービャールネ・バイヨカール・フォルワイヤー6月27日(木)シャルル・ヴァランタン・アルカンヤーコプ・ローゼンハインテオドール・エステン以上6名の作曲家の作品から
問合先 harvestk9@gmail.com
WEB
メッセージ ショパン、リストと同じ時代を生きた彼らは、ピアノ音楽の本質とその魅力を実に多彩な形で伝えている。中でも1813年生まれの面々は率直で明快な個性という点で共通しているようだ。100年以上の時を隔てて蘇る名曲の数々。彼らの作品が永く封印されてきた理由は何だったのか。(金澤攝)

出演者情報


 作曲家、ピアニスト、研究家。1959年、石川県金沢生まれ。70年から74年までピアノを宮沢明子氏に師事。
15歳で渡仏、パリに学ぶ。作曲を独学で学び、ピアノのレッスンに並行して広範囲にわたる作曲家の研究に取り組む。78年、知られざる名作を日本に紹介すべく帰国、研鑽を重ね、現在約一千名の音楽家を対象として研究、演奏を行っている。第7回ラ・ロシェル(メシアン)国際コンクール第2位(1位なし)、第1回現代音楽コンクール審査委員長(故・園田高弘氏)奨励賞、第3回村松賞大賞、金沢市文化活動賞、石川テレビ賞ほかを受賞。ピティナ公式Webサイトにて、著作「ピアノ・ブロッサム」「音楽における九星」を掲載。