ピアノの発達とピアノ曲
日時 2013年7月27日(土) 開演:13時 開場:12時30分   
会場 昭和音楽大学 50周年記念館 (東京)
出演 中島 裕紀(ピアノ)
料金 3,000円
曲目 内容:ピアノの楽器としての発達と作曲者の試みや音楽的発展、現行ピアノの特徴などを追ってみたいと思います。ピアノは、ヴァイオリンなどに比べると比較的新しい楽器です。規模が大きな楽器を支えるための堅固な構造や、より細かい表現に対応できるようにするためのアクションの開発、豊かな響きを作るための共鳴の工夫など、現在の楽器に至るまでには、工業的発達が楽器製作に必要であったことも確かです。この講座では、ピアノが発達する過程をピアノの構造そのものだけではなく、ピアノ曲からもたどっていってみたいと思います。また、現在のピアノがどんな可能性を持った楽器なのか、作曲家がピアノに対してどんな思いを持っていたか、現存する楽器メーカーのピアノにどんな違いがあるのかを知っていただき、ピアノという楽器そのものについて興味を持っていただくと共に、ピアノ曲への親しみを深めていただけましたら幸いです。持参物:印刷資料を用意いたしますので、筆記用具をご持参ください。
問合先 東邦音楽大学エクステンションセンター TEL:03-3946-9667 FAX:03-4946-2455
WEB 桐朋音楽大学エクステンションセンター
メッセージ 目的:ピアノという楽器に興味を持っていただき、ピアノ音楽に更に親しんでいただきたいと思います。

出演者情報


 東京学芸大学ピアノ専攻卒業、同大学院修士課程修了、ドイツ国立ブレーメン芸術大学専攻課程(大学院)ピアノ科首席卒業。在欧中には、ソロリサイタルのほか、数多くの公の演奏会に出演し紙上等で好評を博す。また、ルドルフ=ブーフビンダー(ピアノ)、T. ブランディス&D. レヴィン(古典 ソナタ)、K. モル(リート伴奏)のマイスタークラスに参加、修了演奏会に出演し、高い評価を受ける。帰国後は1993年の東京デビューリサイタルを皮切りに、日本各地及びドイツでソロリサイタルやデュオ、レクチャーコンサート、講演など幅広い活動を行うと共に、コンクール審査員、ピアノ講座の講師等としてピアノ教育振興に携わる。現在、東邦音楽大学准教授、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員。

今後の公演

  データはございません