ローゼンブラット+コンテンポラリー ~クラシックを超えたアヴァンギャルド・グルーヴ・セッション~
 
チケット購入にはカンフェティの会員登録が必要です。
日時 2012年9月1日(土) 開演:19時 開場:18時30分   
会場 ムジカーザ@代々木上原 (東京)
出演 2台ピアノ:加藤麗子/高橋健一郎
料金 4000円(ドリンク付き)
曲目 【Piano Duo】

《アレクサンドル・ローゼンブラット作曲》
ローゼンブラット:タンゴ
ローゼンブラット:2つのロシアの主題によるコンチェルティーノ
ローゼンブラット:ワルツ・エレジー
ローゼンブラット:ロンド・ア・ラ・モーツァルト
ローゼンブラット:ビゼーの「カルメン」の主題によるファンタジー
ローゼンブラット:組曲「不思議の国のアリスの冒険」より
ローゼンブラット:日本の歌によるファンタジー~日本の未来である、チャーミングな世玲音に捧ぐ~
【Piano Solo】
山本 裕之:フォールマ
ジョプリン:メイプル・リーフ・ラグ
問合先 drivepyon_r2_d2@ybb.ne.jp
WEB ローゼンブラット普及プロジェクト
メッセージ 「もしも、夢か幻のような音楽があったら…?」 あなたの耳を潤すのは流行のポップス、クラシック、はたまたロック、ジャズでしょうか?私達が演奏しますのは「誰も聴いたことのない音楽」、アレクサンドル・ローゼンブラットの曲達です。パロディに満ちたメロディ、ロックやジャズをも超えるポップ性、そして繊細かつ野生味溢れる超絶技巧の数々を4本の手で!!…想像できますか? ロシアの今を生きるローゼンブラットは、モスクワ音楽院で作曲を学んだ現代芸術音楽の作曲家。クラシック、ロシア音楽、その他の民俗音楽などをモチーフに、ジャズやポピュラー音楽の語法で組み立てる華麗で力強いクロスオーバーに、歴代のロシアの巨匠達の遺伝子をしかと発現するロマンチックな音世界は、現代の音楽家を圧倒しています。また「不思議の国のアリスの冒険」をはじめ、初来日の際に書き下ろされた「日本の歌によるファンタジー」など軽妙なメロディでまとめられ、親しみ易いながらも複雑で入り組んだ曲達は聴く者を必ず魅惑してきました。 そしてローゼンブラットの他に、芥川作曲賞に輝いた山本裕之の揺蕩う旋律の美しい「フォールマ」などを取りあげます。私達は、私達と同じ時間を生きる作曲家ローゼンブラットと山本裕之を、各々と親交の厚い加藤麗子、高橋健一郎を媒介に芸術を共有します。それは私達とあなたとの心を1つの世界で共有する、ということなのです。2台のピアノは饒舌に、4本の手は妖艶に、複雑怪奇で流麗な摩訶不思議な世界へと誘います。 「あなたは、この一夜の夢の世界から戻っては来られないでしょう。」

出演者情報


 【加藤麗子】
2005年、ロシアのモーツァルトと称されるローゼンブラットを自ら招聘し、初来日公演をプロデュースし共演を果す。日本においてローゼンブラットワールドの第一人者として知られている。演奏だけを担当するのはどうも苦手で、出演コンサートのほとんどを自ら主催し、マネージメントし、プロデュースし、演奏する。アレンジも積極的に行う。<br>
パフォーマンス=演じて奏でる、すなわち演奏の本来あるべき理想像を目指す。 クラシックの基礎を土台に、ジャンルという枠を超えて常に変化する時代に適応しよ うと企む。 照明・映像・衣装・音響などの巧みな演出効果と、爆演パフォーマンスの新鮮かつ奇抜なステージによって、思う存分楽しませてくれる。決して奇をてらった曲芸如きになることはなく、 そこはやはりクラシックで基礎を固めた本格派のなせる技である。<br>
また加藤の指導方針は、「生徒を自分のコンサートに出演させ、舞台経験をコンサー トという実践で学ばせる。」 「大切な感性や集中力を養うために、いろんな経験をさせる。」 「保護者の方も常にアンテナをはり、子供を肯定してほしい。」など・・・熱い教室である。<br>
指導法・演奏全般を播本三恵子氏、プロ魂を佐々木よ(「よ」は人偏に予)利子氏、 伝統的な奏法を中山靖子氏、フランス作品・打鍵・分析を御木本澄子氏から、 それぞれ影響を受け、今日がある。東京藝術大学出身。<br>
【岡本美緒里】
東京芸大附属高等学校を経て1990年、東京芸大ピアノ科を卒業後、ドイツ、ミュンヘン音楽大学院へ留学。在学中、推薦音楽会・コンサートの夕べに多数出演、バイエルン各地でジョイントコンサートを開催。歌曲伴奏者として第一人者のヘルムート・ドイチュ氏のリートクラスに合格。毎夏、学習会主催ミュンヘン音楽大学夏期講習会、武蔵野音楽大学主催夏期講習会にて、通訳、アシスタントを務める。帰国後、ソロをはじめ、新曲発表、アンサンブル、デュオ、伴奏、音楽監督、ダンスパフォーマンス、ボランティアコンサートなど幅広く活動。<br>
これまでに日本ピアノ教育連盟主催第1回バッハ・オーディション第1位、第3回TIAA全日本クラシック音楽コンクールピアノデュオ部門最上位および審査員特別賞、第25回ピティナピアノコンペティション・デュオ部門特級最上位および全日空賞の各賞を受賞。<br><br>
(2007年1/31現在)

今後の公演

  データはございません

これまでの公演(過去3年間)

  データはございません