アナリーゼを演奏に活かすには?(全1回)
日時 2010年9月18日(土) 開演:13時   
会場 東邦音楽大学 文京キャンパス (東京)
出演 講師:國谷 尊之
料金 3,000円(定員100名) ※公開講座の入会金は不要です。 ※受講料には、消費税が含まれております。 ※定員に満たない場合は、開講できないことがございます。 ※開講日程や時間については、変更になる場合がございます。
曲目 古典期及び、ロマン期の有名な作品のアナリーゼ(楽曲分析)を通して、その演奏や指導への活かし方を探ります。

・≪題材曲≫ M.クレメンティ:ソナチネ ハ長調 Op.36-3(ソナチネアルバム1)
・ F.ショパン:ワルツ 嬰ハ短調 Op.64-2

持ち物:題材曲の楽譜をご持参下さい。(出版社は問いません)
問合先 東邦音楽大学エクステンションセンター TEL:03-3946-9667 FAX:03-4946-2455
WEB 東邦音楽大学エクステンションセンター
メッセージ

出演者情報


 東京藝術大学を経て、同大学大学院を修了。第4回ピティナ・ピアノコンペティションE級銀賞、第61回日本音楽コンクール入選、第3回日本室内楽コンクール第2位。現在、各地で講座、トークコンサートを行っている。数多くの全国決勝大会進出者を育てる。2004年1月、CD「舞~忘れられたワルツ」をリリース。東邦音楽大学、東邦音楽短期大学にて後進の指導にあたる。

今後の公演

  データはございません