ラ・フォル・ジュルネ関連企画 ピアノミニコンサート
日時 2007年5月6日(日) 開演:15時   
会場 丸ビル35Fロビー、新東京ビル1F丸の内カフェ前、 国際ビルエントランス 、丸ビルマルキューブ、丸の内オアゾ、東京駅前(丸の内側)特設会場 (東京)
出演 伊賀 あゆみ(ピアノ)泉 ゆりの(ピアノ)、グランミューズ関係者、最上峰行(Ob)、管楽五重奏、弦楽四重奏、管楽合奏
料金 見学自由、入場無料
曲目 12:00-17:30 泉ゆりの、伊賀あゆみ、グランミューズ関係者、最上峰行(Ob)、管楽五重奏、弦楽四重奏、管楽合奏
問合先 東音企画、(社)全日本ピアノ指導者協会
WEB ラ・フォル・ジュルネ関連エリアイベント ミニコンサートスケジュール
メッセージ

出演者情報


 福岡県出身。東京音楽大学付属高校を経て、東京音楽大学卒業、同大学院伴奏研究領域を首席で修了。在学中、特待生奨学金を得る。大学院在学中、奨学金を受けイギリス王立音楽院に短期留学。全日本学生音楽コンクール高校の部第2位。ピティナ・ピアノコンペティションG級(95年)と特級(98年)で金賞受賞。2000年のCDデビューを機に、 全国でコンサート活動を行う。ソロ活動に加え、アンサンブルピアニストとしてもコンサートやレコーディングを数多く行う。NHKテレビ「名曲アルバム」でヴァイオリニストのチェボタリョーワ・アナスタシア氏(チャイコフスキーコンクール覇者)と共演。以後、東京・大阪・静岡でも共演を重ねた。フルーティスト中野真理氏のCD「AMORE」ではピアノ伴奏を担当。「ピアノカフェ」「ヴァイオリンの調べ」「フルートの調べ」など様々なジャンルのレコーディングCDは、500曲以上にのぼる。雑誌「ピアノスタイル」のCD演奏には創刊号から10年間に渡り携わり、コラム執筆も担当した。東京丸ビル・新丸ビルでは、2006-2011年までコンサートのコーディネーターも務め、定期的にコンサートを企画・出演した。小学校コンサートにも力を入れ、ピティナ、文化庁による芸術家派遣等でこれまでに全国110校以上で開催。セミナーでは“感じる力で人生を豊かに!―ピアノの魅力を通じて―”“音色とは?音を見る力を磨こう”をタイトルに講演を行う。2008年より山口雅敏とのピアノデュオ活動にも開始し、これまでに「4Hands EVOLUTION」「Homage to HOROWITZ on 4hands」の2枚のCDをリリース。超絶技巧を駆使した演奏とパフォーマンス、オリジナル編曲、珍しい作品の世界初演を行い「進化系連弾」と呼ばれ、ロシア・ポーランドでもコンサートを行う。2018年に3枚目のCD「ショスタコーヴィチ交響曲第11番(連弾編)<世界初録音>」をリリース。現在、東京音楽大学でソロ・室内楽の後進指導にもあたっている。
公式Facebook:https://www.facebook.com/ayumasaduo/


 幼少の頃より国内外のコンクールで優秀な成績を収める。ピティナ・ピアノコンペティションA1級、B級、C級、D級、G級の各級金賞、デュオ特級最優秀賞、特級部門銀賞、また聴衆賞を受賞。全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部第1位、同コンクール中学校の部第2位。エトリンゲン青少年国際ピアノコンクールB部門奨励賞、Jr ジーナ・バックアゥワー国際コンクール第3位。2002年には、第19回ポルト市国際コンクールにて第1位、ならびに最年少演奏者賞、最優秀現代曲演奏賞を受賞。2006年、第1回高松国際ピアノコンクール審議員・オブザーバー特別賞受賞。
 社団法人全日本ピアノ指導者協会主催「十代の演奏家シリーズVol.12」、フランス・オーヴェール・シュール・オワーズ国際音楽祭、第3回ふじよしだ音楽祭、第10回浜松国際ピアノアカデミー10回記念オープニング・ガラコンサート、パリ・日本文化会館でのコンサートなど国内のみならず、アメリカ、オーストリア、ハンガリー、イタリア、フランス、スロヴァキア、ポルトガルなど世界各地で公演・音楽祭に出演する。
神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京交 響楽団、ポーランド国立クラクフ室内管弦楽団、ジリナ室内交響楽団、ポルト市交響楽団、新日本フィルハーモニーと共演。 2000年よりヤマハマスタークラスで学び、2002年よりパリ・エコールノルマル音楽院に留学、2007年同音楽院ペルフェクショヌマン科修了。2015年には1stアルバム『泉ゆりの×シューベルト』をリリース。
これまでに、江口文子、浦壁信二、江崎光世、伊藤 恵、ドミニック・ジョフロアの各氏に師事。

今後の公演

  データはございません