1.開催日程・地区選択上の注意

1開催日程・地区選択上の注意

ピティナ・ピアノコンペティションは、全国200 地区以上の予選を実施しており、複数の地区を受験することが可能です。以下の注意事項をご確認の上、参加地区をお選びください。

重要必ずお読み下さい。
地区予選
申込受付開始日について

郵送申込、WEB申込とも4月1日より受付開始となります。

開催日程について

開催日程には、予備日も含まれます。予備日を含めて、2日間以上開催される地区で日時指定はできません。どの日程になってもご参加可能な地区をお選び下さい。また、特に指定がない場合、どの日程で何級の審査が行われるかは開催の10日から1週間前に決定します。参加票もしくは当協会ウェブサイトをご確認下さい。

締切日について

地区予選の申込締切日は月曜日(郵送必着)です。Web申込のエントリーは最大で申込締切日2日後の水曜日15:00まで可能ですが、定員になり次第、締切日を待たずに締め切りますのでご注意下さい。

定員オーバーになった場合の対応について

各地区とも申込は先着順に受け付け、規定人数を超えた場合、他地区への変更か参加料の返金を選択して頂きます。定員オーバーの対象者には随時個別にご案内を差し上げます。

  • 定員締切の情報は随時ウェブサイト上で告知致します。
併願(同一部門で複数地区申し込む場合)の注意点
1.参加区分について

本選進出の対象となる参加区分「コンペティション」でエントリーできるのは2地区までです。(デュオ部門の場合は、同一ペアで同一級に2地区まで)。3地区以上に「コンペティション」でエントリーした場合、開催日程が最も遅い地区を自動的に本選進出権のない参加区分「演奏検定」として登録いたしますのでご注意下さい。

2.進出先の本選の日程について

開催日程が重なっている場合、出演日・時間の調整はできません。
あらかじめ何級が何日の実施予定となっているかご確認の上、お申込み下さい。

進出する本選が異なる2つの予選に参加することをおすすめします。

(ア) どの級も実施日が重なっていないので望ましい
(イ) B、D 級は実施日が重なっているので望ましくない
(ウ) 2 地区とも通過しても本選の出場枠は1つ

3.予選通過時の注意点

1地区目の参加で通過が決まった場合も次の地区に参加することが可能です。
欠席の場合でも参加料の返金はいたしかねます。
曲目の変更は、2地区に参加する地区の変更申請の締切日に間に合う範囲でのみ可能です。

地区本選
実施級について

北日本1・2、南九州本選について、どの日に何級の審査が行われるかは、7月中旬ごろ当協会ウェブサイトにて発表いたします。

締切日について

地区本選のお申込みは郵送・Web申込ともに申込締切日(必着)までとなります。

本選のWeb申込

地区本選のWeb申込は6月より開始予定です。

  • 本選Web申込のご利用には、予選通過者に交付するパスワードが必要になります。
全国決勝大会進出時の注意点

同一級で2つの本選にエントリーしている場合は、全国決勝大会進出が決まった時点で2 地区目は棄権して頂きます。決勝大会進出にともない棄権された方には、翌年度のピティナ・ピアノコンペティション予選参加券をお送りさせて頂きます(発送は10 月上旬予定/ご本人様に限り有効)

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンクール > 日程・地区 > 1.開催日程・地区選択上の注意