2.過去の結果

2
過去の結果
2016年度(第40回)
特級グランプリ 尾崎 未空 Misora OZAKI
2015年度(第39回)
特級グランプリ 篠永 紗也子 Sayako SHINONAGA
◎ Topics
  • 「連弾プレ初級」、「グランミューズG級」「2台ピアノコンチェルト」新設
2014年度(第38回)
特級グランプリ 山﨑 亮汰 Ryota YAMAZAKI
◎ Topics
  • グランミューズ部門にJカテゴリーを新設
2013年度(第37回)
特級グランプリ浦山 瑠衣 Rui URAYAMA
◎ Topics
  • ピティナ・マイページから申込受付開始
  • 第6回福田靖子賞選考会開催
2012年度(第36回)
特級グランプリ菅原 望 Nozomu SUGAWARA
◎ Topics
  • A1級に決勝課題曲導入
  • Facebook聴衆賞実施
2011年度(第35回)
特級グランプリ阪田 知樹 Tomoki SAKATA
◎ Topics
2010年度(第34回)
特級グランプリ 梅村 知世 Tomoyo UMEMURA
◎ Topics
  • A2級の全国決勝大会は入賞者記念コンサートへ
  • 特級ファイナル・セミファイナルでのUSTREAM配信、twitterによる即時レビュー
2009年度(第33回)
仲田 みずほ
特級グランプリ 仲田 みずほ Mizuho NAKADA
◎ Topics
2008年度(第32回)
佐藤圭奈
特級グランプリ 佐藤 圭奈 Keina SATO
◎ Topics
  • 参加者延べ数40,000組突破
  • デュオ部門に「ジュニア2台」を新設
  • 特級の選抜段階に「セミファイナル(ソロ)」が加わり、3段階⇒4段階の選抜に
2007年度(第31回)
特級グランプリ 尾崎 有飛 Yuhi OZAKI
◎ Topics
  • 特級ファイナル会場が満席に。聴衆賞賞金額は過去最高の88万円。
  • 第3回福田靖子賞選考会開催(福田靖子賞=ロー 磨秀)
2006年度(第30回)
特級グランプリ 前山 仁美 Hitomi MAEYAMA
◎ Topics
  • 第30回記念として特級の協奏曲審査にオーケストラ共演採用(前年までは2台ピアノ)
2005年度(第29回)
特級グランプリ 金子 一朗 Ichiro KANEKO
◎ Topics
  • 参加者延べ数35,000組突破。
  • Jr.G級マスタークラス実施(ボリス・ペトルシャンスキー教授)。
  • 第2回福田靖子賞選考会開催
2004年度(第28回)
後藤正孝
特級グランプリ 後藤 正孝 Masataka GOTO
◎ Topics
  • アミューズ部門をグランミューズ部門に改称し、予選・本選・決勝の3段階制に。
  • グランミューズ部門にYカテゴリーを設置。
2003年度(第27回)
特級グランプリ 関本 昌平 Shohei SEKIMOTO
◎ Topics
  • 参加者延べ数30,000組突破。
  • Jr.G級を設置。
  • 第1回福田靖子賞選考会を開催(福田靖子賞=関本昌平)。
  • アミューズ部門単独の入賞者コンサートを開催。
2002年度(第26回)
特級グランプリ 田村 響 Hibiki TAMURA
◎ Topics
  • 特級に聴衆賞を導入(聴衆賞=泉ゆりの)
2001年度(第25回)
特級グランプリ 佐藤 展子 Noriko SATO
◎ Topics
  • 参加者延べ数25,000組突破。
  • デュオ部門に初級A新設。
2000年度(第24回)
特級グランプリ 佐多 真由子
◎ Topics
  • シニア部門をアミューズ部門に改称。
1999年度(第23回)
特級グランプリ 海野(関) 春絵 Harue UNNO
◎ Topics
  • 日本フィルハーモニー交響楽団による特級グランプリ披露演奏会を開始。
1998年度(第22回)
特級金賞 西川 潤子 Junko NISHIKAWA
◎ Topics
  • コンペ20周年記念事業「モーツァルト:ピアノ協奏曲全曲演奏会」開催。
1997年度(第21回)
特級金賞 伊賀 あゆみ Ayumi IGA
【GoogleAdsense】