第4回岐阜ピアノコンクール

第4回岐阜ピアノコンクール
審査結果はこちら
開催趣旨
本コンクールは、ピアノを学んでいる若い演奏家の参加を募り、音楽を愛する心を培い、ピアノ演奏に対する真摯な 気持ちを育て、同時にさまざまな舞台で活躍する若き才能を発掘する事を目的として開催するものである。

◆開催要項はこちら(PDF)



主催

期日

2017年1月21日(土)高校生部門/大学・一般部門
2017年1月22日(日)小学生A、B部門/中学生部門

申込期間

2016年10月1日(土)~10月31日(月)

会場

審査部門・演奏曲・参加費

部門 演奏曲 参加費
小学生A 部門
(小学生1・2・3 年生)
  • ①J.S. バッハ/ インベンション 又はバロック期の作品より任意の1曲(2分以内)
  • ②自由曲(3分程度の任意の1曲)
【計2曲】
8,000
小学生B 部門
(小学生4・5・6 年生)
  • ①J.S. バッハ/ インベンション 又はシンフォニア(No.5・9 は除く)より任意の1曲
  • ②自由曲(5分程度の任意の1曲)
【計2曲】
9,000
中学生部門
  • ①J.S. バッハ/ シンフォニア(No.5・9 は除く)又は、平均律(フーガ)より任意(4分以内)の1曲
  • ②自由曲(8分程度の任意の1曲)
【計2曲】
11,000
高校生部門
  • ①J.S. バッハ/ 平均律(プレリュードとフーガ)より任意(5分以内)の1曲
  • ②自由曲(10分程度の任意の1曲)
【計2曲】
13,000
大学・一般部門自由曲(15分以内・2曲まで) 15,000

演奏規定

  • 小学生部門~高校生部門は、課題曲・自由曲の順に2曲演奏してください。
  • 課題曲(舞台に上がってから演奏終了まで)・自由曲(演奏開始から終了まで)とも、演奏時間の超過、及び、音楽的要素を考慮した部分で、演奏をカットすることがありますが、審査には影響ありません。*大学・一般は舞台に上がってから終了するまで。
  • 自由曲は、楽譜が出版されているクラシックの楽曲とします。
  • 演奏は全て暗譜で演奏し、繰返しは省略して演奏してください(D.C は演奏)。
  • 補助ペダル等を使用する場合は、本人が持参し、セットも参加者側で行ってください。
  • 演奏順は、主催者の厳正な抽選により、当日発表致します。

審査・表彰

  • 各部門の入賞者には、金賞・銀賞・銅賞の賞状を授与します。
    ※審査状況により、該当者が無い場合もあります。また、上記以外に特別賞を設ける事もあります。
  • 入賞者は、審査員(4名)の採点の平均点順に決定します。但し、当日の審査員に師事されている場合は、当該審査員の採点を除く、3名の審査員の採点の平均点が対象となります(申し込み用紙の記載事項と、審査員の申告により決まります)。
  • 参加者全員に審査員直筆の講評をお渡しします。

各部門金賞受賞の上位者には、副賞として、関本昌平先生との共演コンサートにご出演頂く権利が与えられます。(詳細は未定)

審査員

江崎光世(ピティナ理事)1月22日審査
佐部利弦(岐阜県立加納高等学校講師/椙山女学園大学講師)
清水皇樹(ピアニスト/愛知県立明和高等学校講師/名古屋音楽大学准教授)
杉浦日出夫(愛知県立明和高等学校講師/ピティナ理事)1月21日審査
関本昌平(ピアニスト/金城学院大学講師/名古屋市立菊里高等学校講師)

お問合せ

岐阜ピアノコンクール実行委員会(日響楽器内)
〒502-0803 岐阜県岐阜市上土居1-2-2
TEL:058-232-8931 FAX:058-232-4900
E-MAIL:g_sales@nikkyo-gakki.co.jp

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンクール > 提携コンクール > 第4回岐阜ピアノコンクール