2013 国際ピアノフェスティバルin知多 第20回記念大会

⇒予選入賞者一覧はこちら

⇒本選入賞者一覧はこちら

2013 国際ピアノフェスティバルin知多 第20回記念大会
2013 国際ピアノフェスティバルin知多 第20回記念大会
※受付終了
主催者のことば

1993年に始まった「ピアノフェスティバル in 知多」は過去3300名を超える参加者を数え、ピアノを学ぶ方々の学習成果の確認の場として高い評価をいただき、近年は中部地方内外より多数の出場者をお迎えしております。また当コンクール参加者の中から音楽教育界や演奏の世界で活躍される方々も輩出して参りました。
本コンクールは、ピアノ演奏におけるテクニックの評価はもとより、曲の背景や作曲者の意図を理解し感情表現を演奏者それぞれの感性で表現していただくことを特徴としております。
大きなステージでの緊張感のともなった演奏は、ピアノ学習者にとっての絶好の勉強の機会であると同時に、ピアノ学習をステップアップするチャンスでもあります。
2013年度の国際ピアノフェスティバルin知多は、第20回記念コンクールとしてより一層の意欲向上の場となるよう受賞者による褒賞コンサートを、セントラル愛知交響楽団との共演によるピアノコンチェルトで予定いたしております。
本コンクールがピアノ学習の礎となりますことを願い、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

※参加要項はこちらからダウンロードいただけます。
※チラシイメージはこちら(PDF)

主催 株式会社マツイシ楽器店
期日 [幼児の部門]<プレ部門>2013年5月12日(日)<午前>
[子どもの部門・一般の部門]
予選会  
2013年5月11日(土)<午後>B・D・E・F部門
2013年5月12日(日)<午後>A・C部門
本選会  2013年6月2日(日)終了後表彰式
会場 半田市福祉文化会館 雁宿ホール
申込期間
※受付終了
~2013年3月31日(日)
参加資格 平成25年4月の学年により以下の7部門とする。なお国籍は問わない。但し、参加部門の学年より上位部門への応募は自由とする。
参加部門・
演奏曲数
幼児の部門
<プレ部門> 就学前・小学1年生
子どもの部門
<A部門> 小学2・3年生
<B部門> 小学4・5年生
<C部門> 小学6年生・中学1年生
<D部門> 中学2・3年生
<E部門> 高校生
一般の部門
<F部門> 大学・一般以上
課題曲 課題曲一覧表を参照してください。(⇒要項(PDF))
予選演奏曲は各部門とも課題曲より1曲を選択する。
本選演奏曲は自由曲1曲とするが、予選にて本人が演奏した曲は除きます。
又、自作曲、創作曲は除外とします。(楽譜が一般に市販されていること)
参加費
プレ部門(幼児の部門) 7,000円
予選会 A~E部門(子どもの部門) 10,000円
F部門(一般の部門) 11,000円
本選会 A~E部門(子どもの部門) 10,000円
F部門(一般の部門) 11,000円
予選会・本選会ともに、課題曲の1部には著作権使用料が必要となります。
その曲を演奏される場合には、参加当日に会場にてお支払い頂きます。
(予選会著作権料:700円、本選会著作権料:700円~1,500円前後)
表彰等
最優秀賞 A~F部門の中より1名 表彰状、ならびにトロフィーを授与します。副賞として、100,000円を授与します。
金賞 A~F部門各1名 表彰状、ならびにトロフィーを授与します。
銀賞 A~F部門各1名 表彰状、ならびに盾を授与します。
銅賞 A~F部門各1名 表彰状、ならびに盾を授与します。
中日新聞社賞 A~F部門の中より1名 表彰状、ならびに盾を授与します。
株式会社CAC賞 A~F部門の中より1名 表彰状、ならびに盾を授与します。
奨励賞 A~F各部門より若干名 表彰状、ならびに盾を授与します。
努力賞 A~F各部門より若干名 表彰状を授与します。
<プレ部門>プレ部門では全員に金賞・銀賞・銅賞のいずれかが授与されます。
審査員 【審査員長】大石潤(予選会・本選会)/馬塲マサヨ(予選会・本選会)/鈴村真貴子(予選会・本選会)/三舩優子(本選会)/清塚信也(本選会)
提携申請者 ピティナ知多半田ステーション
後援 愛知県教育委員会、半田市教育委員会、常滑市教育委員会、阿久比町教育委員会、東浦町教育委員会、南知多町教育委員会、美浜町教育委員会、武豊町教育委員会、中日新聞社、株式会社CAC、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、ヤマハ株式会社
お問い合せ 株式会社マツイシ楽器店本社 TEL.0569-21-3158
【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンクール > 提携コンクール > 2013 国際ピアノフェスティバルin知多 第20回記念大会