第31回 愛知ピアノコンクール ソロ部門

第31回 愛知ピアノコンクール
審査結果はこちら
主催のことば

今年もまた、愛知ピアノコンクールの季節がやってまいりました。ポルトガルの世界的なピアニスト、マリア・ジョアン・ピリス先生は、「音楽は生きるよろこびをもたらしてくれます。音楽は勝敗をつけるものでなく、人と争うものでもありません。人生を豊かにしてくれるものなのです。」と云っています。私たちはこの言葉を一つの指針としてやってまいりました。コンクールと云えども争わない、出来るだけ名曲を学ぶ。「子どもにも分かる、子どもたちの日常に近い。」三善 晃の作品をポリフォニーのものとして選んでいます。三善先生の作品は、当コンクール開催の当初より、課題とさせて頂きました。このコンクールの母体は、ピアノを学ぼうと集まった真剣な教師の集まりです。どの先生方もこの会を、ピアノを本当に学ぼうとする人たちの場にしたいと願っています。どなたでも参加できる会ですので、よろしくお願いいたします。

◆ 開催要項はこちら(PDF)
◆ 開催チラシはこちら(PDF)

第30回 愛知ピアノコンクール


主催 愛知ピアノ研究会
部門・期日
部門 期日
小学生部門 12月21日(日)<予備日26日(金)>
中学部門 12月24日(水)
高校部門 ≪A・B部門≫ 12月20日(土)
高校部門 ≪C部門≫ 12月26日(金)、27日(土)
大学・一般部門 12月25日(木)<予備日24日(水)>
会場 ザ・コンサートホール(名古屋・伏見・電気文化会館)
申込期間 平成26年11月5日(水)~15日(土)
前回参加者数 290名(第30回の実績)
参加費
部門 期日
小学1・2年 A/B/C部門 15,000円
小学3・4年 A/B/C部門
小学5・6年 A/B/C部門
中学部門 A/B/C部門 18,000円
高校部門 A/B/C部門
大学・一般部門 20,000円
  • 小学1・2年生部門は園児の参加もできます
  • 高校部門は20歳未満の高卒生も参加できます
  • 該当年齢であれば、複数の部門への参加は可能です
課題曲 要項参照
表彰等
  • 参加者全員に審査員直筆の講評をお渡しします
  • 各部門の入賞者に以下の賞状を贈ります(それ以外に特別賞を設けることもあります)
    中日新聞社賞 金賞 銀賞 銅賞 努力賞
  • 各部門の金賞受賞者には、2015年度大阪国際音楽コンクールファイナルへの出場権を与えます(大阪国際音楽コンクール[大阪国際音楽振興会主催]は、2006年度より当コンクールと提携)
受賞記念演奏会 演奏会出演者は、各部門上位入賞者の中より審査員が選考し、推薦します
推薦者には、コンクール終了後、主催者より郵送にて通知します
愛知ピアノコンクール受賞記念演奏会
2015年3月26日(木) 愛知県芸術劇場コンサートホール
提携申請者 ピティナ三河支部名古屋さかえステーション(杉浦日出夫)
お問合せ 愛知ピアノ研究会」コンクール部 0566-25-0350(加藤) info@aichi-piano.com
【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンクール > 提携コンクール > 第31回 愛知ピアノコンクール ソロ部門