2018年度ピティナ・ピアノコンペティション 概要を先行発表!

文字サイズ: |
2017/11/30
第42回コンペ要項を先行発表!
ロゴ

次回のソロ部門特級・G級・Jr.G級、グランミューズ部門の概要を発表いたします。 2018年度は隔年開催のJr.G級を実施。この機会にぜひ各部門の参加要項をご参照ください。
(ソロ部門(A2級~F級)・デュオ部門の参加要項は2018年3月1日発表予定。)

次回の特級ファイナルは、クラシック音楽界における世界最高峰の舞台の1つと謳われるサントリーホールにて開催いたします。 2018年度のコンペティションに参加した方には、割引価格でチケットを販売予定です。 8月21日はサントリーホールで一緒に特級ファイナルを楽しみましょう。

2018年度のお知らせ
特級
特級ファイナルはサントリーホールで開催

2018年度、特級ファイナルはクラシック音楽界における世界最高峰の舞台の1つと謳われるサントリーホールにて開催します。これに伴い、参加料および褒賞金額を改訂いたしました。詳細はこちらでご確認ください。

写真提供:サントリーホール 写真提供:サントリーホール
参加資格の改訂

2018年度より、特級の参加資格に「過去にピティナ・ピアノコンペティションに参加したことがあること」が追加されました。

第三次予選としてピアノ伴奏によるコンチェルト選考を追加

2018年度より、第二次予選の通過者(10~13名程度)に対する第三次予選として、ピアノ伴奏によるコンチェルト審査を実施します。第三次予選の課題曲は、ファイナルで演奏するのと同一の協奏曲から、第1楽章、または第2・3楽章とします。
どの楽章を演奏するかは抽選で決定し、第二次予選の参加票にて通知します。
伴奏者は主催者側が手配し、第三次予選の前日にリハーサルを行います。(都内の会場を予定)
セミファイナリストは、第二次予選と第三次予選の点数を2:1の割合で合計した点数の上位7名とします。

グランミューズ部門
参加規程の改訂

2018年度からお申込み時に任意で「リハーサル」としての参加を選択することができるようになります。 リハーサルとして参加する場合は、地区本選への進出権が失われ、参加回数の制限がなくなります。 年齢制限、課題曲の選択、参加料など、その他については通常の参加時と変更はありません。

参加認定証の発行

2018年度よりグランミューズ部門へ参加される皆様に「コンペティション参加認定証」を発行いたします。 開催当日に採点票と一緒に交付いたします。


【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンクール > ニュース > > 2018年度ピティナ...