1.概要

公開レッスン(両日)

ガブリエル・クオック先生 香港演芸学院ピアノ科主任教授

アナリーゼクラス(25日のみ)

加藤 真一郎先生 国立音大・桐朋学園大・東京芸大講師、作曲家・ピアニスト

チケット(各日)

一般:4,000
ピティナ会員:3,000円/学生2,000

  • チケットのお申込は裏面をご覧ください。
  • レッスン(両日)・アナリーゼクラス(25日)・受講生修了コンサート(26日)をご見学いただけます。

会場協力:昭和音楽大学

ガブリエル・クォック先生 加藤 真一郎先生
事前予約は終了しました。
当日券もございますので、ぜひお越しください。

受講生 2016年ピティナ・ピアノコンペティションJr.G級全国決勝大会進出者(うち受講希望者)

  • 天野由唯
  • 伊波蘭菜
  • 尾関翔太郎
  • 小野心音
  • 片山響
  • 亀井聖矢
  • 須藤帆香
  • 田久保萌夏
  • 中野すみれ
  • 西山響貴
  • 宮澤鈴奈
  • 村木遼伍
  • 森永冬香
  • 吉塚栞里

マスタークラス講師

ガブリエル・クオック先生

香港に生まれ、イギリスの英国王立音楽アカデミーに学ぶ。ピアニストとして、アーロン・ローザンド、ジャン=ピエール・ランパル、ピエール・アモイヤル、ジャン・ワンら世界レベルの室内楽奏者と共演する一方、1989年以来、香港演芸学院のピアノ科主任教授を長く務め、同地の音楽レベルの向上に大きく貢献した功績を認められ、英国王立音楽アカデミー名誉校友、中国の深セン・西安・シン海・武漢各地の音楽院客員教授、中国中央音楽院客員教授等を務める。英国王立音楽アカデミー・ギルドホール音楽演劇学校・ピーボディ音楽院・イェール大学・イーストマン音楽院・ハノーファー音楽演劇大学をはじめ、アメリカ・イギリス・ドイツ・ベルギー・中国・韓国・シンガポールなど各国からマスタークラス等に招聘されている。また、国際コンクールにおいても、ジュネーヴ、ジーナ・バッカウアー、ダルムシュタット、香港、リオデジャネイロほか世界有数の大コンクールの審査員に毎年のように招かれている。2014年には、香港政府から、長年の寄与に対して名誉メダルが贈られた。高い音楽性と功績を持つ一方で、誰からも親しまれるあたたかみのある人柄で、世界各地の音楽家・ピアニストから信頼を集める、アジアを代表する名教授の一人である。

アナリーゼクラス講師

加藤 真一郎先生

桐朋学園大学卒業、同大学研究科修了(作曲専攻)。ロストック音楽大学、ミュンヘン音楽大学ピアノデュオ科マイスター課程修了。文化庁在外研修員としてA・コンタルスキー教授のもとで研鑽を積む。瀬尾久仁とのピアノデュオで多数の受賞。なかでも最難関とされるマレイドラノフ国際2台ピアノコンクールで日本人デュオ初の第1位。国内外での演奏会、NHK「ベストオブクラシック」「名曲探偵アマデウス」「クラシック倶楽部」等への放送出演、都響、東京フィル、京響との協奏曲の共演、多数の邦人作品の初演を行う。ピティナでは課題曲CD録音や課題曲説明会、アナリーゼ楽譜の執筆などを担当。作曲家としては2003年芥川作曲賞にノミネート。現在、国立音楽大学(ピアノ)、桐朋学園大学(音楽理論・ピアノデュオ)、東京芸術大学(音楽理論)非常勤講師。ピティナ正会員。ウェブサイト

事前予約は終了しました。
当日券もございますので、ぜひお越しください。
【GoogleAdsense】