6.参加規定

6参加規定

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会主催、ピティナ・ピアノコンペティションに参加申し込みをされた方は、以下の参加に関する規定に同意したものと見なします。

01.参加回数について

(1)
ピティナ・ピアノコンペティションでは、同一級・カテゴリーにつき2回まで参加できます。デュオの場合は、同一級・カテゴリーにつき、同一ペアで2回まで参加できます。
(2)
同一級・カテゴリーにおいて、同一地区への参加は1回までです。デュオの場合は、同一級・カテゴリーにおいて、同一ペアで1回まで同一地区に参加できます。
(3)
申し込み時に任意で「リハーサル」としての参加を選択することができます。リハーサルとして参加する場合は、地区本選への進出権が失われ、参加回数の制限がなくなります。
※ソロ部門G級、Jr.G級、特級、デュオ部門2台ピアノ各級については、リハーサルとしての参加は選択できません。

02.併願について

A)ソロ部門

(1)
ソロ部門内で異なる級の併願はできません。
(2)
デュオ部門と併願できます。
(3)
グランミューズ部門Dカテゴリーと併願できます。

B)デュオ部門

(1)
デュオ部門内での併願は、同一ペアにつき2つの級まで可能です。
(2)
ソロ部門と併願できます。
(3)
グランミューズ部門と併願できます。

C)グランミューズ部門

(1)
Dカテゴリーを除き、グランミューズ部門内で異なるカテゴリーの併願はできません。
(2)
Dカテゴリーのみソロ部門と併願できます。
(3)
デュオ部門と併願できます。
※併願・複数回参加する時の注意事項
複数の地区に参加する際は、開催日程の重複にご注意ください。主催者側で参加日時の調整はいたしかねます。
同一級・カテゴリーで2つの地区本選に出場する場合、全国決勝大会への進出が決まった時点で、2地区目の本選は棄権していただきます。(翌年度ピティナ・ピアノコンペティション予選参加券を発行いたします)

03.申し込み手続きについて
(1)
各地区とも先着順に申し込みを受け付けます。定員になり次第、締め切ります。
(2)
申し込みが定員を超えた場合、他地区への変更または参加料の返金をご案内することがあります。
(3)
いずれの地区においても参加日時の指定はできません。
(4)
申し込み内容の変更・訂正は所定の期間内に手続きした場合のみ可能です。
(5)
申し込みのキャンセルは参加する地区の申込締切日(月曜日)までにお申し出ください。所定の事務手数料を差し引いて参加料を返金いたします。期日を過ぎた場合、参加料の返金はいたしかねます。

04.指導者の登録と指導者賞について
(1)
指導者の登録は1エントリー(1つの申込番号)につき最大で2名までです。
(2)
指導者の登録は個人のみです。音楽教室など団体での登録はできません。
(3)
所定の期間内に登録手続きが完了していなかった場合、指導者賞受賞の対象とはなりません。
(4)
当日、参加者が欠席した場合、指導者賞のポイントの対象となりません。
(5)
地区本選・第二次予選・全国決勝大会は、指導者賞のポイントの対象となりません。
(6)
参加者本人を指導者登録することはできません。(ただし、デュオ部門連弾を除く)

05.審査当日について
(1)
参加票で指定された受付時間までに会場にお越しください。審査時間の指定、変更はできません。
(2)
審査順番は事前に機械による無作為の抽選で決定し、開催当日に会場で発表します。
(3)
審査開始の5分前までに所在の確認が取れない場合は、遅刻または棄権と判断します。「遅刻」と判断された場合、実施事務局と審査員の判断により、演奏順番の変更、平均点からの減点などが課されることがあります
(4)
運営上の都合により、規定された時間内であっても審査員長の判断で演奏の一部をカットすることがありますが、採点には影響しません。
(5)
事前の登録と異なる曲目を演奏した場合、失格となります。

06.演奏の著作権・撮影・録音など
(1)
ピティナ・ピアノコンペティションで行われる演奏についての録音・録画・撮影などの記録および頒布・販売に関するすべての権利(著作権、肖像権も含む)は、主催者である一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)に帰属するものとします。
(2)
会場内の撮影・録音の可否は地区・会場によって異なります。撮影・録音の可否は、混雑状況など、運営側の判断により予告なく変更する場合があります。当事者の了承を得ていない場合、撮影の中止を求める場合があります。

07.結果の公表と表彰、褒賞について
(1)
審査結果(入賞者の氏名、写真、全国決勝大会採点結果等)は、「Our Music ピティナ・ピアノコンペティション結果特集号(10月上旬発行)」およびピティナ・ホームページに掲載します。また、審査結果を新聞等マス・メディアに提供する場合があります。
(2)
予選において優秀賞以上の成績を獲得した参加者が(1)の公表を希望しない場合、賞を剥奪する場合があります。
(3)
当日のプログラムに参加者の氏名・学年等が記載される場合があります。
(4)
参加地区により、本部事務局が定める賞とは別に地区特別賞が与えられることがあります。
(5)
全国決勝大会出場者の学校には本部事務局より学校長宛に入選報告書を送付します。
(6)
優秀な成績を収めた方は、ほかのコンクールへの推薦、各種ご案内(入賞者記念コンサート、公開レッスン等)を送付することがあります。
(7)
ソロ部門特級グランプリ受賞者は、受賞後1年間、当協会広報媒体に顔写真・演奏写真等を掲載し、ピティナ・ピアノコンペティションの広報にご協力いただきます。

【GoogleAdsense】