グランミューズ部門とは?

ピティナ・ピアノコンペティション グランミューズ部門とは?

趣味で学業や仕事等とピアノを両立している学生や社会人の方から、卒業後も勉強を続けている元音大生の方やピアノ指導者まで、様々なバックグラウンドを持つ方々が、自由曲でエントリーできる「大人のためのピアノコンクール」です。

年齢や専門教育の有無などにより、全7カテゴリーから選択できます。2012年度は、15歳から81歳まで約1,100名が参加し、ソロ部門やデュオ部門とはひと味違った多彩なステージが展開されました。

グランミューズ部門の醍醐味は、愛好者から専門家まで、それぞれの目的を持った参加者が一堂に会して自分で選んだ曲を演奏して、しのぎを削り合い、お互いに刺激を受け合うことです。毎年の夏のイベントとして、曲やカテゴリーを変え、何度でもご参加頂けます。

自分の好きな曲を徹底的に追及したい方、音楽好きの仲間との交流を深めたい方、門下生と一緒にコンペティションに参加したい指導者の方、グランミューズ部門のステージをぜひご活用下さい。

参加資格
グランミューズ部門のカテゴリー構成図
グランミューズ部門のカテゴリー構成図
※詳しくはこちらをご覧ください。
課題曲
採点票

結果発表後、審査員の先生からの直筆のメッセージが参加者全員に渡されます。
点数による評価だけでなく、演奏の良かった点、今後の課題などアドバイスを受けることができます。

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノコンクール > 概要 > グランミューズ部門とは?