開催記録

Vol45

指導セミナー Vol.45
日程:2012年9月30日 [日] 会場:東京音楽大学J館スタジオ
このセミナーは、ピアノ指導者・学習者から一般のピアノ音楽愛好家の方々まで幅広くご参加いただけます。
当日ご来場いただいて受講される場合は「チケット申込」を、ご自宅でeラーニングで受講される場合は「eラーニング申込」にて受講申込をしてください。
受講後に、受講レポートを提出していただいた場合は、ピティナ・ピアノ指導者検定「レポート審査」の一部に充てることができます。

横山幸雄
第1講座 10:30~12:00
ピアノ指導法講座
~ショパンの定番レパートリーの指導~
ショパン国際コンクールに日本人として最年少で入賞し、2011年にはショパン・ピアノ・ソロ全212曲コンサートを行ったショパンの権威、横山幸雄先生に公開レッスン形式でショパンの指導法についてご講演頂きます。
講師:横山幸雄 (ピアニスト)
日本を代表する若き巨匠。生誕200年のショパンイヤーには全国各地でショパン企画を展開し、その功績はショパンの作品に対して特に顕著な芸術活動を行ったとして、ポーランド政府より「ショパン・パスポート」を授与される。89年ブゾーニとロン=ティボー国際コンクール上位入賞。90年パリ国立高等音楽院卒業。同年、ショパン国際コンクールにおいて歴代の日本人として最年少での入賞という快挙以来、人気実力ともに常に音楽界をリードするトップアーティストとして活躍している。
曲目:ショパン/練習曲 Op.10-2, Op.10-4, Op.25-6 (以上3曲)

仲尾保志
第2講座 13:30~15:00
「音楽演奏家の手」のマネージメント
~ピアニストも指導者も、自分の手のことをもっと知ってみませんか?~
これまで多くの音楽演奏家の手の治療にたずさわった手の専門医が、複雑な「手指のしくみ」をやさしく解説。さらにピアノをはじめ様々な楽器演奏家の手の治療経験、明日からできる手の疾患やケガの予防法などを紹介して、「音楽演奏家にとっての手」にスポットライトを当ててみたいと思います。
講師:仲尾保志(手の外科医/元赤坂診療所 院長)
慶応義塾大学医学部卒。医学博士。繊細な動きを要求される「音楽演奏家の手の治療」で、世界的に名前が知られる。これまで国内外で活躍する多くの音楽演奏家から手の治療やマネージメントを依託され、その治療成績は高く評価されてきた。近年は、子供達や若手音楽演奏家の手のケアにも注力しており、多くの音楽大学で講義を行っている。
eラーニングでの販売予定はございません

杉浦日出夫
第3講座 15:30~17:00
優れた生徒を育てる ステップ・アップ講座
~本当の音楽を求めて、生徒の心に「愛と実を蒔く(ピュイグ=ロジェ)」ためには~
導入の段階からリズムを感じ、ピアノで歌うことができ、しかもハーモニーを感じる生徒を育成する。また手の重さで弾ける自然な奏法の徹底と簡単な重力奏法への導入。自然に手を育てる練習法と指の強化訓練法、またリストなどが奨励していた、様々な体操によってテクニックを育成していく。そして年齢による手の発達と生徒の練習のさせ方、親の役割などをふくめて実践していることをお話したいと思います。
講師:杉浦日出夫(ピアノ・作曲・ピアノ教育)
音楽大学などでピアノの演奏法、指導法などの講座を担当する。ピティナ・ピアノコンペティション審査員、毎日学生音楽コンクール審査員、ミヨシネット会長などを務める。元名古屋芸術大学講師、愛知県立明和高校講師。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会理事・運営委員・審査員派遣委員長、ピティナ三河支部長・名古屋さかえステーション代表。
【GoogleAdsense】