開催記録

Vol44

指導セミナー Vol.44
日程:2011年4月24日 [日] 会場:東京音楽大学J館スタジオ
このセミナーは、ピアノ指導者・学習者から一般のピアノ音楽愛好家の方々まで幅広くご参加いただけます。
当日ご来場いただいて受講される場合は「チケット申込」を、ご自宅でeラーニングで受講される場合は「eラーニング申込」にて受講申込をしてください。
受講後に、受講レポートを提出していただいた場合は、ピティナ・ピアノ指導者検定「レポート審査」の一部に充てることができます。
e-ラーニング申込(全講座)

講師変更のお知らせ

このたびの東北地方太平洋大地震の影響により、
第1講座の講師に予定しておりました、ジェーン・バスティン先生の来日が不可能となりました。
代役として、藤原亜津子先生に同テーマにて講師をお務めいただきます。ご了承ください。

藤原亜津子
初級者指導
第1講座 10:30~12:00
四期の名曲を弾くために
~弾ける子を育てるために、よく動く指を作りたい。習い始めたその日から~
名曲を弾く第一歩は、ピアノを習い始めた時点から、「よく動く指を育てる」ことを意識した指導にあり、その画期的な指導法をご紹介。また、ピアノ曲はもちろん、オーケストラやオペラの名曲を導入期からたくさん触れさせ、耳と感性も同時に育てることの重要性を語っていただきます。
講師:藤原 亜津子
茨城県竜ヶ崎市で藤原音楽スタジオを主宰。(社)全日本ピアノ指導者協会正会員(竜ヶ崎支部事務局長)。コンペティション全国決勝大会審査員、指導法研究委員 (初級グループ)、地区代表評議員。小学校音楽専科教諭・高等学校音楽科講師を経て、現在、聖徳学園大学付属高等学校ピアノ科非常勤講師を務める。ピティナ・ピアノコンペティション・指導者賞を1987年より22回受賞。バスティン・メッソードについての講座の依頼は、全国ですでに1300回を上回っている。
使用楽譜:ベーシックスピアノプリマーレベル~レベル2
「新刊」バスティン・クラシックメロディプリマーレベル~レベル2
みんな知ってる!プレリーディング曲集(以上東音企画)
e-ラーニング申込(第1講座)

金子勝子
中級者指導
第2講座 13:30~15:00
こどもの成長途上での問題点克服法
~それぞれの資質を開花させるためには、成長途上で何が必要か~
ピアノの技術を身につける上で、最も効果的な練習方法とは...?
ここ3・4年の門下生の成長は、目を見張るものがあります。何十年と生徒たちを育ててきて、やっと辿り着いた中級指導の極意を、皆様にご披露したいと思います。
講師:金子 勝子(ピティナ理事/指導者検定委員長)
国立音大ピアノ科卒。ピアノ教育に従事し、指導をするかたわら、公開レッスン、講座をはじめ、コンクールの審査などのほか、雑誌執筆、編集、出版などを行う。(社)全日本ピアノ指導者協会理事・運営委員・指導法研究委員会委員長。ピティナKatsuko新百合ヶ丘ステーション代表。元昭和音楽大学・大学院ピアノ科教授。
使用楽譜:
指の支えをつくるメトード〈基礎〉&レパートリー16
指の支えをつくるメトード〈応用〉&レパートリー15((金子勝子編・春秋社刊)
生徒出演:角野隼斗、牛田智大、竹内麻美
e-ラーニング申込(第2講座)

遠藤 郁子
上級者指導
第3講座 15:30~17:00
ショパンの命を伝えたい
ショパン独奏曲全曲演奏会を終えて
昨年ショパン生誕200年にあたり、世界で4,000以上の記念イベントがあったという。マスコミもショパンを取り上げたプログラムを流していたが...。本当にショパンの姿は伝わったのだろうか?ショパンの魂はどこへ?
講師:遠藤 郁子
芸大中退後、主にポーランドとフランスで学ぶ。その間ショパンのポーランドのスタイルとフランスのスタイルを身につけた。ヨーロッパ、北米、旧ソ連、東欧で演奏活動。2010年の「ショパン生誕200年記念独奏曲全曲演奏会 ショパンの遺言」では、ワルシャワの同実行委員長より、ショパンのブロンズ胸像を受賞。
使用楽譜:プレリュード Op28、Op45、ポロネーズ、ノクターン
e-ラーニング申込(第3講座)



【GoogleAdsense】