指導セミナーVol.51 予告編その1 ~第1講座 講師&講演内容のご紹介~

文字サイズ: |
2018/04/04
4月22日(日)11:00~17:40
予告編
その1
第1講座 講師&講演内容のご紹介

『ピティナ・ピアノ指導セミナー』とは、学び続けるすべてのピアノ指導者のためのイベントです。

日本のピアノ指導者業界を牽引する指導者が集結し、最新の指導法から書籍紹介、等身大のエピソードまで幅広く講演します。

講師の著書がその場で購入できたりお昼休みにポスターセッションが行われたりと、盛りだくさんの企画が繰り広げられる予定です。

今回の記事ではご来場を検討中の皆様に向けて、第1講座の講師と講演内容の一部をご紹介します!


◆ 第1講座 プログラム
Miyoshiピアノメソード~画期的な導入法とその魅力について~

日本を代表する作曲家である三善晃先生(みよし あきら)先生が約20年の歳月をかけて創り上げられた、日本のこどものためのピアノメソード、「Miyoshiピアノ・メソード」。一体どのようなメソードなのでしょうか?響きを聴くことから始まり、イメージが豊かになる指導を体験してみてください。

このセミナーに期待できること
  • Miyoshiピアノメソードの魅力とレッスンでの活用法を学べる
  • バイエルやチェルニーなど他の教本との違いが分かる
講師:武田 真理(たけだ まり)先生 東京芸術大学ピアノ科卒業。新星日本交響楽団、ワルシャワ・フィル室内管弦楽団ほかとコンチェルトを共演し好評を博す。1988年より全国各地でピアノ指導法に関する公開講座・公開レッスンを開催。現在東京音楽大学主任教授。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会理事、メディア委員会委員長、指導者育成委員、コンクール運営委員、Tokyo音の森ステーション代表。Miyoshi Net副会長。
チェルニーは音色と表現の宝箱~チェルニー100番の魅力~

チェルニー100番練習曲 Op.139 <新標準版> (ヤマハミュージックメディア)の校訂・監修をされた日比谷友妃子先生によるプレゼンテーション。
小さい作品ながらも学びと楽しさ、そして音楽的な美しさがぎっしりつまった作品集をどのように指導されているのか。必聴です!

このセミナーに期待できること
  • チェルニーの魅力と活用法を専門家から学べる
講師:日比谷 友妃子(ひびや ゆきこ)先生 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て同大学卒業。卒業後、4年間同大学の助手を勤める。その後、北鎌倉女子学園音楽科講師として、後進の育成に力を注ぐ。門下から多くの国内外コンクール受賞者を輩出、受験指導の実績も多く、海外の指導者達からもその指導力を認められている。ピティナ特別指導者賞他、多くの指導者賞を受賞。 全国でセミナー、公開レッスンをおこなっている他、音楽雑誌への執筆、楽譜の編纂も手掛けている。 ピティナ・ピアノコンペティション全国大会他多数のコンクールの審査員をつとめる。全日本ピアノ指導者協会正会員、日本ピアノ教育連盟会員。
ピアノを大好きな生徒を育てるために~レッスンや発表会で大切にしていること~

多くの生徒が高校生・大学生になってもピアノを続けている林公子先生の教室。ピアノを大好きになり、長く弾き続ける子を育てる秘訣とは?
楽しみながら確かな基礎力を身に着けさせるノウハウもお話します。お聴き逃しなく!

このセミナーに期待できること
  • 自主的に取り組む生徒を育てる言葉がけ
  • 音楽を楽しむ土台となる読譜力、耳づくり
講師:林 公子(はやし きみこ)先生 名古屋芸術大学音楽学部音楽教育学科卒、常滑ステーション代表
ピアノアレンジ入門~生徒のレベルに合わせた教材作り ~

著書『松田昌の音楽トレーニング』によるセミナー(全4回)の概要に触れつつ、おいしいエッセンスを凝縮してお話しします。アレンジは、原曲を変えることではなく、定石があります。ピアノ指導者がアレンジのノウハウを体得しやすいアプローチで、生徒のレベルに合わせた教材作りを可能にします。

このセミナーに期待できること
  • 「大きな古時計」を使って、二声、三声、四声のアレンジに挑戦
  • さらに、ドビュッシー風、ジャズ風まで!
講師:松田 昌(まつだ まさ)先生 東京芸術大学作曲科中退。 第10回インターナショナルエレクトーンコンクールでグランプリを受賞後、エレクトーンプレーヤーとして活躍。2006年1月、初の鍵盤ハーモニカ・アルバム「ピアニキストMASA」をジャズピアニスト佐山雅弘とのデュオでリリースし、全国ツアーを開催。ケンハモを吹く面白大学教授として注目を集めている。最近は、オリジナルやブラジル音楽を中心としたライブや鍵盤ハーモニカの曲集出版に力を注ぎ、世界中に愛好者を増やしたい!と願っている。 名古屋音楽大学客員教授。 オフィシャルサイト
和声の練習帖~手の形で和声感を身につける~

「和声」と聞いて赤い本やら黄色い本を思い浮かべて拒否反応が出る方もいらっしゃるのではないかと思いますが、和声の知識は音楽の理解に必要不可欠なものです。今からでも遅くありません。これからの世代が和声感を身につけ、楽しく音楽の物語を演奏できるよう、指導者みなさまのお力をお貸しください。

このセミナーに期待できること
  • 演奏をする際の和声の必要性が分かる
  • 和声感の身につく勉強法を知ることができる
  • 西尾洋先生の厳しくもあたたかい、ためになるお話し
講師:西尾 洋(にしお よう)先生 東京藝術大学中退、リューベック音楽大学卒、同大学院修了、国立大学法人岐阜大学教育学部准教授、東京藝術大学講師、ヤマハマスタークラス特別コース講師、当協会正会員、指導者育成委員
世界に羽ばたく子供達を育てるために

北海道を拠点に、全日本学生コンクールやピティナ・ピアノコンペティションはもちろん、国際コンクールでの入賞者を多数育成されている棚瀬美鶴恵先生。
生徒たちにどのような経験をさせ、どのような指導をされているのでしょうか?ここ6~7年の実績に直結した取り組みについて、実際のエピソードや写真を交えながらお話いただきます。

このセミナーに期待できること
  • 生徒の成長に直結した取り組みの実例を紹介
  • 「指導者自身が学ぶ」ことが生徒の成長に繋がる
講師:棚瀬 美鶴恵(たなせ みづえ)先生 桐朋学園短期大学卒、札幌コンセルヴァトワールピアノ科主任教授、指導者育成委員

事前チケット購入の締切は<4月16日(月)>。当日券の販売も予定しています。皆様のご来場を心よりお待ちしております!


【GoogleAdsense】
ホーム > 指導者ライセンス > ニュース > > 指導セミナーVol....