~2017年度受講生募集開始!~レッスン見学の魅力って?

文字サイズ: |
2017/01/13
~2017年度受講生募集開始!~レッスン見学の魅力って?

会員指導者が、全国の経験豊富なピアノ指導者の「日常のレッスン」を見学するレッスン見学制度。2016年度は、全国で延べ40名が講師を務め、受講生は延べ292名にのぼっています。今回は、レッスン見学の魅力を様々な角度からお伝えするとともに、2017年度4~6月の最新開催情報をお知らせいたします!


レッスン見学の現場に潜入!
「ダブルレッスン」実施レポート

「先生のお宅にお邪魔するのは緊張する」「自分は場違いなのでは・・・」と尻込みしてしまっていませんか?レッスン見学には、講師と受講生、または受講生同士が、年齢や経験の垣根を超えて交流できる魅力があります。


2016年11月23日。晴天の軽井沢にて、佐々木邦雄先生、恵子先生ご夫妻によるレッスン見学会が実施されました。恵子先生は過去に5回の講師経験がありますが、今回は初めてご夫婦での「ダブルレッスン」を計画していただきました。
当日は関東甲信越地方のほか、関西や北陸から16名の先生が集結。年齢や指導歴もさまざまです。和やかなムードの中、作曲科ご出身の邦雄先生とピアノ科ご出身の恵子先生によるダブルレッスンがスタート!

♪当日のレッスン生と曲目♪
小4男子 J.S.バッハ◎メヌエット gmoll BWV822より Ⅰ
中田喜直◎冬のメロディ
中2男子 チャイコフスキー◎四季より「トロイカ」
高3男子 ラフマニノフ◎絵画的練習曲より 作品39-5

まずは恵子先生が、生徒さんに対してタッチや体の使い方、音の響かせ方、表情の付け方・・・といった演奏面でのアドバイスを行います。楽節ごとに区切り、先生の模範演奏を交えながらのレッスン。「どうしたら恵子先生のような音が出せるのだろう?」と生徒さん達は耳と目を集中させ、細部のニュアンスを磨いてゆきます。
続いて、邦雄先生によるレクチャータイム。「作曲家・創作者」としての立場から音楽の構造や全体的な分析など、音楽の大枠を捉えたレッスンを展開します。「アナリーゼとは、自分の頭の中で音楽を分析するだけでなく、音楽に詳しくない人にその"変化"が 伝わって初めて意味をなしてくるんだよ。自分で曲を分析できる力をつけて、レッスンの場でそれを先生と"意見交換"するつもりで取り組んでみて欲しい」と邦雄先生。ハイレベルな要求にも、生徒さんは真剣に耳を傾けます。

ダブルレッスンの様子 ダブルレッスンの様子

2人のプロフェッショナルによるアドバイスを受け、生徒さんの演奏もどんどん魅力的に。「邦雄先生と恵子先生は、同じポイントをいつもそれぞれ違う角度から教えてくださるので楽しい!」と思わず笑顔が溢れます。
レッスン見学後のディスカッション&交流タイムでは、受講生の先生方からお二人の見事な連携プレーに対して感嘆の声があがりました。「恵子先生の演奏へのアプローチと、それを裏付ける邦雄先生のレクチャー。説得力のあるレッスンでした」「お互いを尊敬しあいながら、ピアノ指導に真摯に向き合っていらっしゃる様子が伝わりました」といった感想が寄せられました。

ディスカッションの様子 ディスカッションの様子
◆受講生から寄せられた感想◆
  • お二人の先生で違う角度からひとつの曲を仕上げていく指導がとても魅力的でした。
  • ピアニストとしての立場を生かした恵子先生のレッスンと、作曲家目線の邦雄先生のレッスンを通して、同じことを別のアプローチから伝える方法を学ぶことができました。
  • 地元で佐々木先生のセミナーを受講して、是非普段のレッスンを見学したいと思い参加を決めました。両先生の人柄がそのまま音楽・レッスンに現れていて素敵でした。
  • 冬の間マンネリになりそうな自分のレッスンに刺激を与えていただきました。
集合写真 集合写真
インタビュー

レッスン見学は講師の先生にとっても、受講生の先生にとっても気付きの多い場となっています。昨年10月に初めての講師を務めた大友ちひろ先生と、受講生の中島潤榮先生にお話をお伺いしました。


レッスン見学講師インタビュー
大友ちひろ先生
大友ちひろ先生

近年、ピアノレッスンは低年齢化が進んでいます。小さい子にレッスンを行うにあたり、保護者の方のサポートは必要不可欠。今回、レッスン見学にお越しくださった先生方には、グループレッスンを通して「ママのサポート力を高める」「グループとして団結する」コツをお伝えしようと思っていました。
当日のレッスン生は、年少さん男児4名のグループと、年中さん男児2名と女児2名のグループのレッスン。特に年少さんグループに関しては初回のレッスンが崩壊してしまい、私もお母様方とカフェ等で作戦会議を練ったものです。現在はお母様方の強力サポートのもと、ルールをしっかりと決めて守らせることでレッスンがスムーズに進行しています。そのため、こうして皆様にも見て頂くことができました。グループレッスンでは他人からの刺激があるので、ピアノを弾く時間が個人レッスンに比べて少ないにもかかわらず、生徒の皆はしっかり練習してきてくれている、ということも受講生の先生方にお話させていただきました。
グループレッスンとしてリズム学習や歌を全員で取り組み、また一人ずつにソロピアノのレッスンを行う間は、他の子にはワークや指先を使うグッズなどを与えています。年中さんたちは昨夏にデュオでコンペにも参加していたので、入賞者記念コンサートの練習もご覧いただきました。
レッスン後のディスカッションタイムでは、私が伝えたかったことを皆様にしっかりと受け取っていただけたと実感でき、嬉しく思いました。なかなか自身のレッスンを見てもらう機会はありませんので、ひとりで不安に思うことも多いはずです。レッスン見学参加が、それぞれの自信につながっていたらよいなと思います。

レッスン見学参加者インタビュー
中島潤榮先生(入会6年目)
中島潤榮先生

グループレッスンに興味はあったものの、こなせる自信がなく尻込みしていた日々。そんな折、大友ちひろ先生によるグループレッスンの見学会が開催されるということで、初めての参加を決意しました。
私がグループレッスン実施に踏み込めずにいたのは、「複数人数でどれだけ理解させられるのだろうか」「落ちこぼれる子がいるのでは」という懸念が大きかったためでした。しかし、大友先生のグループレッスンでは先生とお母様方のコミュニケーションが非常に良好で、レッスンも連携プレーで運ばれていたのです。1人がピアノを弾いている間、他の子はお母様のフォローのもとワーク学習。大友先生はどの生徒さんにもきちんと目を向け、お声がけをされていました。またグループ内で4つのお約束が設けられており2つ「×」がついてしまうと退場、など、周囲との和を大切にして社会性を養う訓練にもなっていると感じました。これは、個人レッスンにも大変参考になりました。
レッスン見学から1週間後、年少男児のお母様から体験レッスンのお申込みがありました。大友先生のレッスンを拝見して、その年代の男の子の特徴や接し方を知ることができておりましたので、私も自信をもってお引き受けすることができました。その生徒さんは他のお教室でも体験レッスンを受けられたそうなのですが、結局私の教室に入会いただけることになりました。お母様が「息子が今まで受けた体験レッスンの中で一番楽しそうだった」と仰ってくださったのは、非常に嬉しいことでした。年末にはクリスマス会を兼ねて、年少男児3名のグループレッスンも実現!レッスン見学で学んだことを早速実践でき、手応えのある1日となりました。これからも、生徒さんやお母様とともに歩みを進めていきます。

データで見るレッスン見学
~今年度初参加者の属性は??~

2016年度のレッスン見学参加者延べ292名のうち、156名は今年度初めてレッスン見学に参加しました。


初参加は入会何年目?

入会5年未満でレッスン見学に参加する方がおよそ1/3強。一方で、入会から10年以上経って初めてレッスン見学に参加する方も4割以上にのぼります。

入会年数
当日レポート&アンケートより
  • 自分にはまだまだ足りない曲作りの具体的なアドバイス法や、生徒さんの音質、音色を丁寧にチェックされて粘り強くご指導される姿に、指導者として見習うべきことを目の当たりにした思いでした。(入会2年目・指導会員)
  • タッチについて、日頃私自身も気にかけながらレッスンしてきましたが、今回のレッスン見学が大変勉強になりました。是非生かしてみようと思いました。(入会23年目・指導会員)
初参加時の年齢・会員種別は?
年齢分布年齢分布グラフ
会員種別会員種別グラフ

40~50代の参加が7割を占めています。会員種別としては、約8割が指導会員の先生による参加です。一方で、大学卒業後にピアノ指導者を目指す予定の学生会員の方や、審査員・アドバイザーやステーション代表などを務める正会員の先生の参加も少なくありません。年齢やキャリアにかかわらず、「この先生はどんなレッスンをされているのだろう?」「自身の現状を打開したい!」と思った時が一歩踏み出すチャンスなのではないでしょうか。

当日レポート&アンケートより
  • 小学生くらいの生徒さんへの接し方、指導の仕方を実際に見学することで学べました。レッスンに行くのが楽しみだと生徒さんに思ってもらえるような先生を目指したいです。(20代・学生会員)
  • 生徒自身に考えさせることの大切さを感じました。自分はどうしても与えるレッスンになってしまっているので反省です。(60代・正会員)
1年間で何回参加しているの?

まずは年1回ペースから。中にはすでに3回参加したという方も!レッスン見学の参加は最大3回まで、指導者ライセンス指導実技の参加としてもカウントされています。

年間の参加数グラフ 1年間での参加数
あなたの街でも開催が?! 2017年度4~6月講師一覧

2017年4~6月は、下記18名の先生に講師をお務めいただくことが決定しました。なお、講師情報は今後随時追加してまいります。定員に達し次第締め切りとなりますので、お早目にお申込みください。

お申込みはこちら!
講師 日程 エリア
斉藤 香苗先生
指導者賞受賞
4/9(日) 北海道札幌市
樋口 紀美子先生
ステーション代表指導者賞受賞
4/9(日) 東京都千代田区(日比谷スタインウェイサロン東京 松尾ホール)
若尾 佳代先生
指導者賞受賞
4/9(日) 東京都小金井市
芹沢 直美先生
指導者賞受賞
4/22(土) 栃木県宇都宮市(自宅外で開催)
今野 万実先生
ステーション代表指導者賞受賞
4/23(日) 大阪府堺市(ヤマハ堺店)
関本 昌平先生
指導者賞受賞
4/30(日) 岐阜県岐阜市
甲斐 環先生
指導者賞受賞
4/30(日) 滋賀県草津市(カワイ草津センター)
三好 のび子先生
指導者賞受賞
5/3(水・祝) 静岡県藤枝市
黒川 ちとし先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/7(日) 東京都町田市
中嶋 宏美先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/7(日) 大阪府大阪市(自宅外で開催)
住田 智子先生
指導者賞受賞
5/7(日) 島根県江津市
金子 勝子先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/14(日) 東京都港区
岡野 直美先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/14(日) 広島県広島市
伊井 光子先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/21(日) 愛知県愛知郡
後藤 幸子先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/27(土) 大阪府豊中市(ヤマハ千里店)
弓削田 優子先生
指導者賞受賞
5/28(日) 埼玉県さいたま市
藤代 のりこ先生
ステーション代表指導者賞受賞
5/28(日) 神奈川県横浜市
永野 栄子先生
指導者賞受賞
6月開催予定 福岡県北九州市
※・・・日程が決定次第、お申込みを開始いたします。Webページ、メールニュース等をご確認ください。

【GoogleAdsense】