学び続ける指導者を目指して 指導者ライセンス

文字サイズ: |
2016/03/04
学び続ける指導者を目指して 指導者ライセンス

2015年4月に指導者検定から指導者ライセンスにリニューアルし、1年が過ぎようとしています。今後もより多くのピアノ指導者の皆様に学びの場を提供できるよう、2016年度よりさらに活用いただきやすいシステムを導入いたしました。指導実技・演奏実技、筆記試験、レッスン見学など、まずは興味のあるところからご参加下さい。

指導者ライセンス受検者データ
指導者ライセンスを受検するとどうなるの?
コンペ

先生が前向きに学習することで、より良い指導に繋がり、生徒さんが成長します。指導者ライセンス受検後に生徒さんをコンペティションに参加させられるようになった方が、全受検者の4名に1名となりました。

受検にあたり、指導者につく必要はありますか?

受検いただく方のほとんどがピアノの先生方なので、先生が先生につくのはちょっと抵抗がある、という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、意識して外にでなければなかなか他の指導者と話すことは多くないはずです。自分の意識改革として、「指導者ライセンスの受検」という名のもと、他の先生の指導を受けてみるのはとてもいい経験になるのではないでしょうか。

全級合格者のその後の活躍
  • 約5人に4人がコンペティションの指導を経験
  • 約5人に4人が教室紹介で生徒さんが入会
  • 約3人に1人が審査員・アドバイザー
  • 約5人に1人がステーション代表者
  • 約5人に1人が指導者賞受賞
ライセンス受検者を指導された先生
ライセンス受検者向けの先生紹介が始まりました

今まで指導者ライセンス各試験合格者のご指導にあたってこられた先生方をご紹介いたします。指導者ライセンス受検についてはもちろん、ご自身の指導力向上のために自身の指導者を持つという選択肢をもち、指導の幅を広げてみましょう。

ライセンス受検者を指導された先生一覧はこちら

指導者が指導者につくということ
渡部由記子先生

東京芸大ピアノ科卒、元洗足学園大助教授、当協会評議員、指導者育成委員会委員、日比谷ゆめステーション代表

渡部由記子先生

これまでに指導者ライセンス全級合格者を、28名指導しました。うち8名は、ステーション代表になっています。8名の中には、音大を出ていない方も数名いらっしゃいます。どなたも、全級合格することで指導に自信が持てるようになったと、口を揃えて仰います。

演奏実技では、背伸びをして難曲を弾きこなすことは期待されていません。演奏家を選ぶ試験ではないからです。むしろ、生徒に身につけて欲しいポイントを把握した演奏が求められます。このような視点を持って練習することで、指導力も高まります。指導実技も同様です。曲を充分に理解し、試験でもポイントを掴んだ指導を行うことが大切です。意識的に曲を深く理解すると、日々のレッスンでも効果の高い指導ができるようになります。

ちなみに、第1回の合格者の中には 、現在では全国大会審査員や本部委員、ステーション代表を務めている方もいらっしゃいます。他の方も、指導者賞を受賞したり、ステップのアドバイザーをなさっています。どなたも、指導者ライセンスを受検することで、人生が大きく変わったと仰っています。

全級合格後、ステーション代表、指導者育成委員へ
土持恵理美先生 インタビュー

洗足学園大ピアノ科卒、当協会正会員、千葉あすみが丘ステーション代表。指導者ライセンス全級合格を経て、現在指導者育成委員。

土持恵理美先生
指導者ライセンスで開けた視野

私が指導者ライセンスを受検しようと決心したのは、指導者として自分を高めたい、人を指導するのにいい加減な教え方はしたくないと思ったのがきっかけでした。受検し始めると、お互いに同じ悩みを持つもの同士励まし合い、助言し合い、とても仲間意識が強くなったのを覚えています。それまでは、生徒と自分だけの関係のみでした。でも、指導者ライセンスをきっかけに、先生方との交流も増え、横のつながりを持てたことは、とても大きな収穫でした。また、生徒に伝えねばならないことをいろいろな角度から勉強させていただいたことが何よりです。指導実技、演奏実技などは、客観的な観点より審査員がアドバイスを下さり、また、同じ受検者の指導の仕方、演奏など見学ができたことで、大きく視野が開けたことを覚えています。

指導者につくことで、客観的な見直しを

受検するうえで指導者につくことの重要性ですが、私は自分の力試しもかねて、指導者につかず受検しておりましたが、さすがに上級の演奏実技だけは指導者に仰ごうと思い、いろいろなセミナーを聞きにまいりました。そんな折、渡部由記子先生の具体的な実践セミナーに感銘を受け、その場でお声をかけさせていただき、何度かレッスンをしていただきました。その後、1位で合格できたときは、やはり自己流に陥ることなく客観的に見て頂いた結果なのだと悟りました。指導者のレッスンを見学すること、指導者について指導を仰ぐことは、主観に陥らず、客観的に自分を見直す上でも、とても重要であることを、皆様にお伝えしたく思っております。

土持恵理美先生ともっとお話しされたい方は
学生の会員料金割が始まります大学在学中に指導者ライセンスを受検してみませんか?

「まだ指導者ではないから指導者ライセンスは受検できない」と思っていませんか?指導者ライセンスは18歳以上の方ならどなたでも、生徒の有無に関係なくご参加いただけます。音大に通われているけれど、小さい生徒さんの指導に不安がある方、一般大学に通われているけれど、ピアノの指導者も進路の選択肢に入れている方、是非皆様ご参加ください。ライセンスの受検会場ではただ試験を受けて帰るだけでなく、現役で指導されている方の指導を見学でき、また受検後の講評では審査員の先生方と指導についてお話しいただくことが出来ます。
「ピアノ教師」を進路の選択肢に加えるために、是非在学中からご受検ください!

2016年 指導者ライセンス料金表
支払区分 初級 中級 上級
指導実技
一般 ¥13,000 ¥14,000 ¥15,000
ピティナ会員 ¥11,000 ¥12,000 ¥13,000
学生のピティナ会員(※) ¥9,000 ¥10,000 ¥11,000
演奏実技
一般 ¥14,000 ¥15,000 ¥16,000
ピティナ会員 ¥12,000 ¥13,000 ¥14,000
学生のピティナ会員(※) ¥10,000 ¥11,000 ¥12,000
筆記試験
一般 ¥5,500 - -
ピティナ会員 ¥4,500 - -
学生のピティナ会員(※) ¥3,500 - -
レポート
一般 ¥3,000 ¥3,000 ¥3,000
ピティナ会員 ¥2,000 ¥2,000 ¥2,000
学生のピティナ会員(※) ¥1,500 ¥1,500 ¥1,500
  • 「学生のピティナ会員」とは学生会員に限らず、他種別の会員の場合でも割引を適応いただけます。
指導者ライセンスを受検して
出口瑶子さん(同志社大学 法学部政治学科1年生)
出口瑤子さん
指導者ライセンスを受検したいと思ったきっかけ

指導いただいている石井なをみ先生に、音大に行っていなくても指導者ライセンスを取得する勉強の過程で、卒業後にスムーズにピアノ指導者になることが出来ると勧められたのがきっかけです。高校時代には音大に行こうか迷った時期もあったので、大学でもピアノの勉強を続けたいと思い、受検を始めました。

指導者ライセンスに参加してみて

実際に指導したことが無いので、指導者ライセンスの指導実技で初めてピアノを指導するという経験をしました。小さい子には普通に伝えただけでは伝わらず、いつも先生が言葉を選び、一生懸命に指導してくださっていたことを知りました。また、演奏実技では普段弾くような曲ではなく、小さい頃に演奏していた曲目が課題曲となるので、昔を思い出しながらまずは自分で仕上げてみました。小さい子が弾く曲でも、時代ごとにタッチを変えることを意識した練習が出来ました。他の受検者の指導・演奏も見学でき、「自分が指導するならどうするか」という視点で演奏を聴くことが出来るようになった気がします。

将来の目標

まだ一般企業に就職するのか、ピアノ指導者になるのか迷っているところではありますが、将来の道の一つとしてピアノ指導者も視野に入れていきたいと思っています。そのために、在学中に指導者ライセンスを全級取得することが目標です。いま、近所の子どもさんにピアノを教え始め、生徒を1人もつことになりました。その生徒とともに、指導者ライセンスを活用しながら、成長していきたいと思っています。

松川愛実さん(神戸女学院大学音楽学部 器楽科ピアノ専攻1年)
松川愛実さん
指導者ライセンスを受検したいと思ったきっかけ

指導者ライセンスを受検したいと思ったきっかけは、恩師である石井なをみ先生の存在です。幼い頃から先生の指導を受け、現在でも1年の目標をピティナに置いて日々レッスンに励んでいます。同じ門下の先輩方も受検されていて、学生でも受検できるシステムにとても興味がありました。

指導者ライセンスに学生として期待すること

学生として指導者ライセンスに期待していることは、ライセンス取得による指導者としての可能性の拡大です。今一つ学生に浸透していない部分や、知られていない部分があるのでもう少しわかり易く、学生が楽しみながら受検できるような案内があればいいと思います。受検できる回数を増やたり、筆記試験を平日ではなく土日に受けられるよう可能性を広げてもらえたらいいなと思います。

将来の目標

長きにわたる石井なをみ先生とのレッスンの中で、私も先生のように人の人生に親密に関わり、ピアノの技術以外でも多くのことを伝えていける指導者になりたいと思うようになりました。人との関わりは勿論の事、多くの方への感謝の気持ちも大切にできるような指導者を目指していきたいです。

支持会員の資格をお子様に譲ることが出来ます!

お子様の参加のために支持会員になられている場合、その会員資格をお子様にお譲り頂くことが可能です。例えば、保護者名義の支持会員を、お子様名義の学生会員(中学生以上)に移譲できます。ご希望がございましたらこちらより、会員様のお名前とお子様のお名前、ご希望の会員種別をご連絡ください。

レッスン見学

2015年10月より通年開催でのレッスン見学がスタートし、本日までにのべ125名の方にご参加いただきました。これから迎えるコンペティションのシーズンに向けて、ますます講師陣を充実させていきます。ぜひご自身の指導にお役立てください。

また、新たな試みとしてより多くの時間を講師と受講者の交流にあてた<参加型>もスタート!講師の指導を見学するだけでなく、受講者の指導力を向上する場としてお役立てください。

<参加型>がスタートしました
見学型
各講師のレッスンを2時間見学し、その後30分のディスカッションタイムを行います。「見学」が主となる、従来実施していたレッスン見学のタイプです。
参加型
各講師のレッスンを1時間見学し、その後1時間半の実践プログラムを行います。実践プログラムの詳しい内容は各講師によってアレンジされますが、参加者も実際にレッスンを実践してみる中で、体験しながら学ぶ「参加」が主となる、新しいレッスン見学のタイプです。
  • 開催地区によって、「見学型」または「参加型」のいずれかのタイプが設定されていますので、お申し込み時に該当地区のタイプをご確認ください。
<参加型 指導者>
松枝由紀子先生

松枝ぴあの教室、松枝倶楽部、ムジカフィオーレ 主宰。リトミック研究会ディプロマB取得、生涯学習財団認定コーチ、アンガーマネジメントキッズ インストラクター、才能教育OBOG会会員、女声合唱団しらべ団員。

今回初の試みとしてレッスン見学<参加型>を開催させていただきました。参加型、とは、参加者すべてが同じポジションにたち、意見をシェアする、見学会です。
ある日、福田成康専務理事が、私が続けてきている、後進の育成を目的とするサークルに共感してくださり、また参加をしてくださったことがきっかけとして、その場を「次世代に通用する学び方」として、広く広げたい、とレッスン見学というかたちで実現しました。
実際、参加なさってくださいました先生方は、私のレッスンに関してや、普段のレッスンでの疑問や教本などのテーマに対し、ご自分のお考えを、積極的に話してくださいました。全員参加、が目的ですので、全員にお声かけはいたしますが、先生方は、みなさんご自分の軸をお持ちですので、ポンポン意見が出てきます。そこから、各々がご自分に必要な意見を持って帰っていただければよいのです。こういう"意見を述べる場"はとても必要だと、感じました。
ピアノのスキルだけでなく、コミュニケーションのスキルを身につけることが、これからのピアノ指導者には、最も必要なことだと思っています。

松枝由紀子先生ともっとお話しされたい方は
全国一斉
コンペティション課題曲筆記試験
課題曲筆記試験とは

指導者ライセンスの筆記試験(合否有)、ingプログラムのWriting(合否無)の単位となります。春はコンペティション、秋はステップの課題曲を題材とし、指導に必要な音楽知識を身に着けることが目的です。詳細、過去の問題は下記のページよりご確認ください。

筆記試験

日程・地区・課題曲のご案内
◆開催日:2016年512日(木) 申込締切日:2016年4月11日(月)
開催地 地区
コード
地区名 会場 web
申込
東北 1531 仙台筆記春期 日立システムズホール仙台 研修室3(旧青年文化センター)
関東 2631 東京筆記春期 滝野川会館集会室 301、302号室
関東 2931 町田筆記春期 カワイ町田店
関東 2831 横浜筆記春期 横浜市瀬谷地区センター(予定)
中部 3831 伊賀筆記春期 サワノ楽器店3Fホール
中部 3731 名古屋中筆記春期 日響楽器 池下店
中部 3231 名古屋緑筆記春期 野田佳予子 ピアノ室
近畿 4531 神戸筆記春期 神戸市教育会館 402会議室
近畿 4431 宝塚筆記春期 フェリーチェホール
中国 5431 広島筆記春期 RCC文化センター 6階 613号室
九州・沖縄 6331 福岡新宮筆記春期 そぴあしんぐう 研修室
九州・沖縄 6231 熊本筆記春期I 熊本ピアノハープ社 会議室
九州・沖縄 6631 熊本筆記春期II 厚地音楽教室
九州・沖縄 6831 沖縄筆記春期 ベッテルハイムホール

今回の筆記試験より、当日出題される課題曲を事前に公表いたします。

  • リスニング問題は下記以外の曲が出題される可能性がございます。
<対象曲目>
バロック
J.S.バッハ/インヴェンション 第8番(C級)
クラシック
ハイドン/ソナタ Hob.XVI/27 第1楽章(C級)
ロマン
チャイコフスキー/朝の祈り Op.39-1(B級)
近現代
渡部賢士/ピクニックへ行こう(B級)
シャブリエ/音楽帳の一頁(D級)

【GoogleAdsense】
ホーム > 指導者ライセンス > ニュース > > 学び続ける指導者を目...