【指導セミナー】第1講座プレゼンテーター紹介 (6)渡部由記子先生

文字サイズ: |
2015/04/10
魔法のレッスン ~ほめたらできる!子どもの可能性は無限大~
渡部由記子先生ってどんな先生?

日比谷ゆめステーション代表をお務めになられながら、ステップアドバイザー、コンクール審査員、セミナー講師とご活躍。1989年から2014年まで延べ314名の生徒がピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会へ出場し、そのうち183名(全体の約6割)が受賞されています。ご自身もコンペティション指導者賞を26年連続受賞。渡部先生のレッスンを求めて全国から生徒が通い、昨年発売した著書「魔法のピアノレッスン」シリーズ(ヤマハミュージックメディア)はベストセラーになりました。

「魔法のレッスン」とは?

4年間一度も予選を通過できなかった生徒さんが半年で全国で金賞をとれる、その劇的な変化から、渡部先生のレッスンは「魔法のレッスン」、「かけ込み寺」と呼ばれています。現在、コンペティションで輝かしい実績を残されている渡部先生ですが、ピティナに入会される前は「町のピアノの先生」でした。それからいかにして指導力を身に着けたのか、褒めることの重要性に気付いたのか、ご自身のエピソードをお話しいただきます。
どの子どものなかにも「無限の可能性」という「宝物」が隠されています。その蓋をあけるための鍵を、一緒にみつけてみませんか。
自分自身が変わってみたい、生徒さんを変えてみたいと思われている先生は是非お越しください!

先生からのメッセージ
大きい画面で見る

【GoogleAdsense】
ホーム > 指導者ライセンス > ニュース > > 【指導セミナー】第1...