音楽大学で学ぶピアノ指導

音楽大学で学ぶピアノ指導

大阪音楽大学ピアノ指導コースの学生たち
&中尾園子先生

ピアノが好き、子どもが好き、だからピアノ指導を仕事にしたい! でも、どこからどのように「先生」としての一歩を踏み出したらよいかわからない......。「教わる」から「教える」の立場へシフトしていきたいと願う若い学生たちのために、近年、音楽大学では「指導法」を専門的に学ぶためのコースや授業を設置しています。この特集では、そうしたコース・学科の内容、その狙いと意義をご紹介します。(取材/文 飯田有抄)

大学/学生に聞く先輩指導者インタビュー音楽大学一覧
音楽大学/学生インタビュー

指導者養成の専門課程を持つ大阪音楽大学、相愛大学、札幌大谷大学の先生と学生さんにお話を伺いました。

音楽大学でピアノ指導者を育てる意義
岡原慎也先生(大阪音楽大学)

音楽大学でたっぷり音楽を学びたくても、その先に社会の受け皿があるのかどうかが心配で、音楽の世界に飛び込むことを躊躇する----近年では、そんな受験生や親御さんが少なくありません。しかし、音楽家は演奏だけが仕事ではありません。多くのプレイヤーが教育や指導の現場に関わり、むしろそれが仕事の中心となる現実があります。とはいえ、音大の授業は演奏中心で、指導の現場で必要となる伴奏付け、移調、変奏、即興演奏などの基礎スキル習得は望めません。卒業してから働き方に思い悩む学生や、あるいは在学中に資格取得のためにダブルスクールで時間と経費を掛ける学生を目にしてきました。
 これからは音大でも社会の中で即戦力として活躍できる人を育て、学生に現実的なスキルを身につけさせたい----そうした思いから、大阪音楽大学に「ピアノ指導者コース」を設立しました。このコースでは、卒業時に「ヤマハ演奏グレード4級」「ヤマハ指導グレード4級」以上の取得することを具体的な目標とし、カリキュラムの中に現役の音楽教室講師による指導を組み込んでいます。また、生徒だけでなく保護者や雇用主とコミュニケーションを測る能力を育て、教育心理学や保育園での教育実習なども取り入れます。  女性には出産・子育てという大切なライフイベントがあります。一般就職しても、キャリアを中断せねばならないケースが少なくありません。ピアノ指導という仕事は、自分で仕事のペースを考えながら一生涯続けることができます。社会に向けて広い視野を持ち、音楽を心から愛するピアノ指導者となる----、仕事の選択肢の一つとしてそんな指導者像を描いてもらえるよう、音大でも充実した取り組みをしていきたいと思います。

目的意識をもった吸収力の高い学生生活
大阪音楽大学ピアノ指導者コース
出戸由記子先生

ピアノ指導者コースに入学された学生さんは、卒業後の目的がはっきりしています。始めから目標を持ち、無駄のない学生生活を送ることができるとあって、とにかく皆さん意欲的で、吸収しようという意識が高いです。このコースでは卒業後に指導者として即戦力となるカリキュラムを組んでいますから、学ぶべきメニューが多いので大変です。導入期の子どもを対象とした模擬レッスンおよび指導実習、多様化する教材の研究、さらに児童心理学や教室運営法の授業もあります。またグループレッスンにも対応できるよう、アンサンブルをさせるアレンジ力や即興・伴奏付けも学び、グレード試験に臨んでもらいます。ピアノ実技の授業はピアノコースと同じ時間数があります。忙しい学生生活となりますが、今年入学した6名の学生たちは、皆やる気に満ちています。卒業後は、すぐに指導の現場に出て、子どもたちの憧れの的となるような、素敵な指導者として輝いてほしいですね。

指導者コース1年・佐々木さんのコメント
卒業後、自分の音楽教室を開くことが夢です。ころいろなレベルの生徒に対応して教えられる技術、さらに魅力的な演奏もできる先生になりたいですね。今まで習ったたことのない即興や伴奏付け、コード進行は難しくて大変ですが、とても勉強になっています。
多様な"引き出し"を持つ指導者育成を目指して
相愛大学ピアノ指導者課程
山本英二先生

昨今では、楽器店に行けば導入期の教材だけでも山のようにあります。またピアノ教室の門を叩くのは、趣味程度からコンクールや音大を目指す人、または親だけが一生懸命で本人はまったくその気がない子どもなど、様々です。そうした現状では、ピアノ指導者がいかに豊富な"引き出し"を持ち、優れたコミュニケーション能力で臨機応変に対応できるかが問われます。相愛大学ピアノ指導者課程ではそうした指導者育成を目指しています。1年生の段階で「どこで、どのような指導をしたいのか」というイメージを明確化させ、そのために必要なグレードや資格などを調べさせ、その取得を目指してコード進行や伴奏付けや初見演奏などを学び、付属の音楽教室と連携して実践演習を行います。また、指導の世界ですぐに役立つように、全国の様々なコンクールについて調べたり、発表会のための選曲などについても学ぶなど、卒業後に役立てるカリキュラムを作成しました。好きなことを職業にでき、音楽の素晴らしさを伝える仕事の魅力を、学生たちに伝えていきたいと考えています。

    ピアノ指導は子どもたちの世界をみる目を培う仕事

    山岡望先生(音楽指導コース)
    谷本聡子先生(ピアノコース)
    札幌大谷大学音楽指導コース
    山岡望先生

    ピアノという小さなオーケストラのような楽器を通じて、子どもたちの表現力、想像力、世界をみる目を培うのが、ピアノ指導という仕事です。そして指導者自身も、常に自らの素養やテクニック、アプローチを振り返ることが出来、子どもたちから新鮮な発想を得、刺激ある学びを続けることができる職業です。ピアノ指導者に必要な資質として、次の点が挙げられると思います。

    • 音楽的素養(高いソルフェージュ能力、様式感等、正しい耳をもっていること)
    • 音楽への強い探究心と向上心(演奏技術の向上、幅広い音楽に興味を持つ)
    • 生徒の月齢やタイプ、そして保護者にも対応できるコミュニケーション能力
    • 責任感・忍耐力・熱意

    こうした資質を鍛えるために、札幌大谷大学音楽指導コースでは、導入メソードの比較研究(教材研究)、モデル生徒受け持ちの個人レッスン実習および討論、モデル生徒の発表会実践(プログラム作成、マネジメント等を含む)、リトミックやヤマハシステム等の専門家による特別講義、コンクール聴講や課題曲研究等をカリキュラムに組み込んでいます。


    先輩指導者からのメッセージ

    ピアノ指導は経験値が大切です。指導の現場でさまざまな工夫を積み重ねてこられた先生方からメッセージを頂きました。育児・大学院通い・指導の3つを両立させ、今日では音大生に指導法を伝授している江本先生、30年のキャリアの中でご自身の指導法を転換させた矢ノ下先生、社会人になってから留学生活を経て、指導に専念されてきた江夏先生の3名にお話を伺いました。


    江本先生・岡沢先生
    指導の仕事は「人間形成」
    江本純子先生

    どんなに自分がピアノを好きでも、その気持ちだけで指導はできるものではありません。実際に「先生」になると、演奏技術や音楽の知識以外に必要なことがたくさんあることに気がつきます。たとえば私自身が大切にしている視点は「生徒の親の気持ち」です。親御さんは子どもの成長を願って音楽教室にやってきます。演奏の技術のみならず、豊かな情緒、こつこつ練習する忍耐力、目標や自信などを身に付けてほしいのです。私もピアノ教育の意義は人間形成にあると考えていますので、子どもに伝わる言葉掛け、夢中になれる練習法などを模索・実践する毎日です。また、子どもたちの会話の中には指導につながるヒントが隠れていますし、その子の身体の発達に留意するとスムーズな指導ができたりします。現在、音大4年の岡沢茜さんが私のもとで指導法を学び、レッスンで実践しています。現場で吸収できることをたっぷり学び、素晴らしい指導者になって欲しいですね。

    時代の変化をとらえ、出会いを大切に
    矢ノ下智子先生

    指導を続けて30年、この間に子どもを取り巻く環境、教育のあり方は大きく変化を遂げてきました。子どもたちは習い事や受験塾などで忙しく、頭ごなしに叱られるといった経験を持たなくなっています。毎日の練習をキツく義務づけたり、厳しい言葉掛けをしていては、生徒は伸びるどころか心が離れてしまう時代です。「自分が受けて来たようなレッスンを生徒にもする」という考えを捨て、"今"の子どもたちの環境を捉えるところから、指導者としての学びと工夫が始まるように思います。また、教える立場にあっても、自ら好奇心を持ち、未知のことを知ろうとする姿勢は、必ず指導にも活かされます。私自身は大学院で音楽を学術面から勉強し、民間の機関で音楽療法を学んだことを活かし、障害を抱えた方や大人の大学院受験指導などに、試行錯誤しながらも取り組んできました。成果が形として現れるたび、そして新しい人々との出会いがあるたびに、この仕事のやりがいを強く感じています。

    ピアノ指導は社会貢献につながる
    江夏範明先生

    学生時代にアルバイトでピアノ指導を経験した私ですが、社会人としての自覚を持ち、世の中に貢献できる働き方としてピアノ指導に特化していくことには、正直迷いのあった時期もありました。しかし30代で英国留学を経験し、その後20年は思い切り指導に専念してきました。近年ではコンクール審査や講演会を依頼されることも増え、ピアノ指導を通じて社会貢献できていると実感でき、嬉しく思っています。若い頃は、なぜ自分が小さな子に「チューリップ」や「ちょうちょ」を教えなきゃいけないんだろう? もっと上級者を指導したい! と思いました。しかし、どのレベルの生徒も万遍なく教えられなければ、上級者も育てられません。指導者は謙虚さや柔らかな思考を持ち、人から信頼される対話力や人間性を磨かねばなりません。指導歴が浅いうちは失敗もするでしょう。大事に育てたはずの生徒が辞め、落ち込むこともあります。しかしその時こそ指導者が自分を見つめ直し、もっとも成長する瞬間です。自分の生徒の演奏に涙するお客さんを見たとき、"理屈抜き"にピアノ指導を続けて良かったと実感できましたね。


    ピアノ指導が学べる大学一覧

    ピアノ指導者育成を目指すのに適した学科やコース、授業を設置している大学の一覧表です。2014年6月20日時点の暫定版です。皆様にはぜひ追加情報をお寄せ頂きたく、よろしくお願い申し上げます。(調査・編集:ピティナ本部事務局)

    大学名 学部/学科名称 関連コース名 内容
    ▼北海道
    札幌大谷大学 芸術学部音楽学科 音楽指導コース ピアノを学ぶ側のレベルやニーズに合わせ教材を的確に選ぶための知識を身につけ、使い方や指導法を学ぶ。4年生では1年間通して実際にモデル生と一対一のピアノレッスンを実習し、教える喜びを体感する。
    北海道教育大学 旭川校 芸術・保健体育教育専攻 音楽分野 小中学校の教員養成が主目的
    北海道教育大学 岩見沢 芸術・スポーツ文化学科 音楽文化専攻(鍵盤楽器コース、音楽教育・音楽文化コース) 芸術・スポーツ分野を多面的に追求し、地域の活性化及び文化振興に貢献できる人材の養成を目指す
    ▼東北
    弘前大学 教育学部学校教育教員養成課程/
    教育学部生涯教育課程芸術文化専攻
      小中学校の教員養成が主目的/
    芸術文化専攻=芸術と文化という営みを、音楽、美術、言語などの切り口を通して多角的に読み取ることの出来る人材・および、芸術活動を通して、新たな創造を試みることの出来る人材の育成
    岩手大学 教育学部芸術文化課程 音楽コース 音楽活動が盛んな岩手で指導者・コーディネーターとして携わっていくために必要な豊かな教養と高い専門的音楽技術・能力を身につける。
    山形大学 地域教育文化学部地域教育文化学科 音楽芸術コース 音楽の実践的活動を通して,地域文化の向上を支援,指導,そして音楽を総合的にマネジメントできる人材を養成。また,豊かな音楽文化を指導することのできる音楽科の中学校・高等学校教員を養成。「音楽芸術プログラム」では,音楽の高度な演奏能力及び幅広い知識と豊かな教養を身につけ,音楽活動を実践していく能力を修得。「音楽教育プログラム」では,理論と実技そして教育法をバランス良く学び,音楽教育活動を実践していく能力を修得。
    宮城教育大学 教育学部   小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    宮城学院女子大学 音楽科   教育現場で求められる基本的知識や、リコーダーや三味線の実技、ピアノ教師としての指導法など、多様な実践力を身につける。
    福島大学 人間発達文化学類 芸術文化クラス 芸術表現者を育てるだけでなく、音楽や美術の教員、さらには学芸員やアートコーディネーターといった、芸術の力を地域で生かせる人材も育成。音楽教育やピアノについてのゼミが開かれている。
    ▼関東
    上野学園大学 音楽学部音楽学科 演奏家コース ミュージック・リサーチ・コースに音楽教職の「音楽教育専門」あり
    国立音楽大学 音楽学部 演奏・創作学科 鍵盤楽器専修 1・2年次では鍵盤楽器専修の必修科目を通して基礎を学ぶ。3・4年次では専門課程となり、ソリストコース、ピアノコース、アンサンブルコース、指導コースが用意されている。学校が公募して集まった子どもへのレッスン実習や教材研究などを含む実践的な内容。
    昭和音楽大学 音楽学部器楽学科 ピアノ指導者コース 児童心理、リトミック、音楽生理学、指導教材研究、指導者基礎?・?、インターンシップ、さらに子どもから大人まで幅広い年齢層を対象とした実習を通して、優れた指導者に必要な指導法と理論を学習
    尚美学園大学 芸術情報学部・音楽表現学科 ピアノコース ※カリキュラムに「ピアノ教育法」あり(→人とのコミュニケーションの方法を学び、指導に必要な知識と表現力、即興力の指導法などを身につける。教育者のニーズについても考察する。)
    音楽の第一線で活躍する教員が、学生それぞれの技量や個性に合った、柔軟できめ細やかな指導を行う。4年間を通して、バロックから現代にいたるまで、多彩な時代様式の楽曲や作曲家のメッセージを理解し、その時代背景と合わせて学ぶ。また、日ごろの成果を発表する場として、「定期演奏会」「優秀者演奏会」などを実施し、学生のチャレンジ精神に応える。
    聖徳大学 音楽学部音楽総合学科 音楽指導コース 幼児音楽教室や学校、部活動、地域などにおける音楽指導者、音楽ビジネスに携わるプロなど、多様な場で指導者として活躍できる様々な知識と能力を身に着ける。
    洗足学園音楽大学 音楽学部 ピアノコース/ピアノ指導者養成コース 音楽学部ピアノコース/ピアノ指導者養成クラス2015年度から新設される「ピアノ指導者養成クラス」では、クラシックピアノの演奏力を軸に、中高教員や音楽教師の指導者が必要とする様々な技術や対応力を養うことを目指します。
    選択実技としては「ピアノ指導法/コミュニケーション・スタディ」、「電子オルガン実技」、「リードシート伴奏法/弾き歌い/即興演奏」、「ピアノ初級作品研究/レパートリー」、「御木本メソッド」という5科目の実践的なレッスン内容が準備されます。
    創造学園大学 創造芸術学部音楽学科 音楽教育コース 音楽教育コースでは、将来的に音楽教育の多様な場面(学校教育、音楽教室、社会教育、個人レッスン等)に於ける指導者を養成する事を目的とし、4年間を通じて、音楽教育に関する多角的な研究を行う。
    玉川大学 芸術学部芸術教育学科 音楽コース 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    東京音楽大学 音楽教育専攻 実技専修コース ひとつの実技の習得に重点を置きながら幅広い教養を身につけられることが特徴。演奏や実技指導に関わる実践的な授業が履修でき、指導者・音楽活動家としての力を養成する。
    東海大学 教養学部芸術学科 音楽学課程 広い視点をもった教育家の養成を目指す。「音楽学」「教員・指導者」「演奏」「作曲・音響」「音楽療法」「学芸員・音楽マネジメント」という6つのフィールドから、ひとつまたは複数の分野を選択できる。
    東邦音楽大学 教育課程 専門教育科目 ピアノ専攻 カリキュラムに「子供のためのピアノ指導法」あり
    音楽学部音楽学科 ピアノ専攻ピアノコース ピアノ専攻 ピアノコースは、ソロ、アンサンブル、伴奏等専門分野において実践的に幅広く活躍できるための専門教育を行い、それぞれの学生の進路目標を尊重し、演奏家、指導者として社会に認められる人材を育成します。
    日本大学 藝術学部音楽学科 ピアノコース 演奏家、伴奏者、指導者などピアノを生かす道はさまざま。徹底したマン・ツー・マン教育により、各自の志望と能力を大切に育む。
    (音楽教育コースもあり →学校教育にとらわれない柔軟な視点をもった音楽教育学習の提案、音楽の楽しさを広く提供できる人材育成の他、その必要性がさらに高まる音楽療法の研究など時代に即応する教育を実践。)
    フェリス女学院大学 音楽学部 演奏学科 演奏及びそれを中心とした音楽活動に幅広く対応できる総合的な能力を養う。
    武蔵野音楽大学 音楽学部 音楽教育学科 ※吹奏楽指導者なども育成 ※専門楽器の指導+学校教員養成対策など ※音楽教室への就職実績あり
    東京学芸大学 教育学部 G類音楽 高度な総合的音楽能力を育成
    現代社会の幅広い音楽的要求に応える人材を育てる
    幅広い視野と見識を育成
    生涯学習社会のニーズに応え、その指導的役割を担う人材を養成する
    ▼甲信越・北陸
    金沢大学 人間社会学域 学校教育学類 音楽教育専修 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    信州大学 教育学部 学校教育教員養成課程 音楽教育コース 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    富山大学 人間発達科学部 学校教育コース 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    山梨大学 教育人間科学部 学校教育課程 芸術身体教育コース 音楽教育系 音楽能力の専門性を高め、それを教育現場など社会へ還元するための応用力を養うことを目指す。
    新潟大学 教育学部 学校教員養成課程 教科教育コース 音楽専修 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    ※芸術環境創造課程(音楽表現コース)もあり ↓
    価値観やニーズが多様化している現代社会において,豊かな創造力と感性を発揮しつつ,確かな表現技法と理論を学ぶことを通して,地域社会における多様な芸術文化活動を推進・活用することができる,専門的な力量と実践的な能力を身につける。
    ▼中部
    静岡大学 教育学部 芸術文化課程 音楽文化専攻 各分野において創造的能力を育成。多様な芸術の分野でパイオニアとして活躍できる人材を社会に送り出す。
    金城学院大学 文学部 音楽芸術学科ピアノコース ピアノ指導者をめざす人のために「ピアノメソッド概論」「ピアノ教室レッスン実習」「リトミック」などの科目を履修できます。卒業後の進路を見据え、グレード取得などを支援する「ピアノ指導者育成プログラム」を用意。
    名古屋音楽大学 音楽学部 音楽教育コース 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    名古屋芸術大学 音楽学部 音楽文化創造学科 音楽教育コース 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    ▼近畿
    滋賀大学 教育学部 学校教育教員養成課程 初等教育コース 初等教科専攻 音楽専修 / 中等教育コース 音楽専攻 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    大阪音楽大学 音楽学部音楽学科 ピアノ指導者コース 2014年度新設。卒業後早い段階でピアノ指導が開始できる技術習得を目指すカリキュラム。教室運営法や、ヤマハグレード取得のための授業もある。指導法の授業ではグループレッスンの方法等の基礎を学び、実際に子どもと触れ合うインターンシップの制度もある。
    大阪芸術大学 音楽学部音楽学科 音楽教育コース 幅広い分野で活躍できる指導力を伸ばしながら、自らの人間性を磨き、子どもたちをはじめ教わる側から信頼される指導者を養成する。
    教職課程科目を含むカリキュラムを設置し、音楽演奏の専門学習と、音楽教育・指導のための学習を効率よく両立することができることが特長。
    京都市立芸術大学 音楽学部 ピアノ専攻 個性を尊重し創造性を育む専門的な音楽芸術の教育研究により,幅広い教養を併せ持つ優れた音楽家や研究者となりうる人材を育成。(演奏家養成)
    相愛大学 音楽学部音楽学科 ピアノ専攻 ピアノ指導者課程 2011年新設。
    教材研究、指導法、鍵盤楽器アンサンブルなどのカリキュラムを通して、ピアノ指導者としての知識・技術を修得。卒業後は、音楽教室やピアノ個人レッスンなど、音楽教育の現場ですぐに活躍できる優秀な指導者を育てる。
    同志社女子大学 学芸学部音楽学科 音楽文化専攻ミュージックエデュケーション科目群 教育分野における歴史的背景を学ぶ中で音楽の役割を理解し、様々な教育現場での音楽の実践方法について研究する科目が置かれている。
    京都女子大学 発達教育学部 音楽教育学専攻 中・高の音楽教員免許取得を主な目的としているが、幅広い音楽教育現場に対応できる知識と実践力を身に付け、生涯学習社会のニーズに応えられる人材育成を目指す。ピアノ指導法をはじめ、合唱・合奏の指導法や伴奏法など、実践的スキルが修得できるカリキュラムが組まれている。
    武庫川女子大学 音楽学部演奏学科 ピアノ専修 演奏実技の習得
    (音楽療法士やアートマネージャなど音楽の専門知識・技術を社会に応用できる専門家を養成する応用音楽学科もあり)
    ▼中国・四国
    広島大学 教育学部 音楽文化教育学講座 教育学部音楽教育学専修と学校教育学部中学校教員養成課程(音楽)との統合により、平成12年に誕生。学校教育はもとより、生涯教育に携わる人材育成を目的とする。
    エリザベト音楽大学 音楽学部演奏学科 鍵盤楽器専攻 演奏実技の習得
    くらしき作陽大学 音楽学部演奏芸術コース ピアノ専修 音楽の多彩な知識を踏まえたピアノの演奏家、またはピアノの指導者を目指す学生が学ぶ。カリキュラムは演奏法主眼。
    ※モスクワ音楽院公式認定コースがある
    徳島文理大学 音楽学部音楽学科 ピアノコース 演奏実技の習得が主目的
    広島文化学園大学 学芸学部音楽学科   高い技術と人間理解力・教養力を基盤とし、地域の音楽文化・音楽教育へ貢献しながら、人と人とのつながりである地域社会の音楽文化の発展に寄与できる人材の養成をめざす。
    ※演奏・指導グレード取得支援の授業あり
    ▼九州・沖縄
    活水女子大学 音楽学部 演奏表現・教育コース 演奏、教育の現場、また音楽マーケットのニーズに即して、理論と実技の両面から音楽を体系的に学ぶ。
    「ピアノ指導研究」の授業もあり。
    熊本大学 教育学部 中学校教員養成課程 教員養成が主目的。4年間で論文、演奏、制作の領域の一つを選び、音楽教育の基礎的な力を培う。
    沖縄県立芸術大学 音楽学部 器楽専攻 ピアノコース 小中学校の教員免許取得を主な目的とする
    平成音楽大学 音楽学科 音楽教育コース 幅広い教養と、音楽の専門的な知識・技術を身につけた「すぐれた音楽指導者」の育成を目指す。
    小さな子どもからお年寄りまで、音楽愛好者への指導メソッドを身につけると同時に、教員免許を取得するために必要な知識や、学校教育が直面するさまざまな課題についても学ぶ。
    ※リトミックの授業もあり。
    【GoogleAdsense】
    ホーム > 指導力アップ > 関連情報 > 音楽大学で学ぶピアノ指導 > 音楽大学で学ぶピアノ指導