5.参加の流れ

当日までの流れ

指導実技・演奏実技・筆記試験の審査の参加申し込み~結果通知までの流れは以下の通りです。

申込締切日

郵送申し込みの場合、申込締切日必着となります。
定員に達した場合は、早期締切となる場合もございますのでお早目にお申込みください。
申込〆切日を過ぎて到着した申込書はお受けできません。
申込内容の変更は申込〆切日までとなります。〆切日前に必ずもう一度ご確認下さい。

  • 申込内容に不備のある場合は、参加者宛にご連絡いたします。
  • 電話での到着確認はできません。各社配達記録・追跡サービスをご利用ください。

開催1、2週間前

開催日の約1、2週間前に、参加票をお届けいたします。

  • 参加票に記載されている参加者情報に誤りがないかご確認下さい。
  • 当日の時間割に記載されている、集合時間、審査時間をご確認下さい。
  • 指導実技の参加者には、課題曲の出題範囲をお知らせします。

当日まで

申込〆切日以降に参加できなくなった場合、当日欠席の扱いとなります。
地区変更、返金、次回への繰り越しはできませんので、ご了承ください。
欠席連絡は、開催前日までは本部へ、開催当日は実施事務局までお願いいたします。
なお、モデル生徒さんは指導実技のためにご予定をあけてわざわざ演奏しに来られます。指導実技の欠席はなるべくお控え下さい。



当日の流れ
当日の持ち物
  • 参加票
  • 楽譜(指導実技の楽譜も各自でご用意ください)
  • 筆記用具(指導実技、筆記試験でご参加の場合)
指導者ライセンスの一日
1. 受付
  • 受付時間までに会場へ到着できるようにして下さい。
    (遅刻すると参加できない場合があります。)
  • 受付時間になったら、係の指示に従い、受付で参加票を提示して下さい。ここで演奏番号をお知らせします。(参加票に記入します)
  • 当日ご欠席の場合、交通機関等の止むを得ない事情で受付時間に遅れる場合は、実施事務局までご連絡ください。

2. 会場入り
  • 係の指示に従って、会場に入り、ご着席下さい。
  • 当日の流れの説明や諸注意事項について伝達があります。

3. 審査
  • スタッフの指示に従って試験を行ってください。
  • 演奏実技・指導実技は2名ないしは3名の審査員により審査されます。(審査員は当日会場にて発表いたします。)
  • 指導実技・演奏実技の審査のご見学は自由です。(但し、ディスカッションのお時間はご参加頂けません)

4. 講評
  • 指導実技の場合は、ディスカッションのお時間を設けております。原則、全員参加となります。
  • 演奏実技の講評の時間は、審査員からの講評・アドバイス、質疑応答を予定していますので、できるだけご参加ください。
  • 当日の結果発表および講評用紙の交付はございません。
結果通知
  • 試験の合否の結果通知および審査員による講評用紙は、後日ご本人宛に郵送いたします。
  • 各級ライセンス取得者には各課程合格証書を合否結果通知時に合わせて送付致します。
  • 全級指導ライセンスを取得すると、授与式(年1回指導セミナーにて開催)において「全課程合格証」が授与されます。
  • 各ライセンス(初級指導ライセンス、中級指導ライセンス、上級指導ライセンス)取得者および全級指導ライセンス取得者は、取得年度から最低3年間は「指導者ライセンスページ」および教室紹介ページにて取得したことが表示されます。
【GoogleAdsense】