1.指導実技

指導実技 ~レッスンの実践で指導力を磨く
初めての生徒にレッスンを実践すること、また他のピアノ指導者のレッスンを見学してレッスン方法を学ぶことにより、自身のレッスンの質を高めて頂くことを目的としています。また、レッスン見学への参加も指導実技の一部とみなされます。ご自身に合った指導力向上のための機会をご選択ください。

指導実技
指導実技の内容

実施事務局で手配したモデル生徒に対して、10~15分程度の模擬レッスンを行って頂きます。初めて会う生徒をレッスンすることで、その生徒の何が問題なのかを即座に判断し、改善まで導く力の研鑚を目的としています。1曲あたりのレッスン時間としては、日頃のレッスンとほぼ同様の条件にすることで、日頃のレッスンの中で指導実技の対策を積んでいただくことを期待しています。

課題曲

春期はコンペ課題曲、秋期・冬期は主にステップ課題曲からの出題を予定しております。

初級指導実技

①~②より、当日指定された1曲のレッスン(10 分程度)

当該年度のピティナ・ピアノコンペティションA2~B級の課題曲より
ステップ導入1~応用3の課題曲より
中級指導実技

①~②より、当日指定された1曲のレッスン(12分程度)

当該年度のピティナ・ピアノコンペティションC ~ D級の課題曲より
ステップ応用4~発展2の課題曲より
上級指導実技

①~②より、当日指定された1曲のレッスン(15 分程度)

当該年度のピティナ・ピアノコンペティションコンペE~F 級の課題曲より
ステップ発展3~展開3の課題曲より
  • 自身が担当するモデル生徒が演奏する曲目以外も勉強頂きたいため、実際にモデル生徒が演奏する曲は当日受付にてお知らせ致します。開催日の約2週間前にお送りする参加票にて、出題範囲を数曲に絞ってお知らせします。

指導実技科目の修了

各級3回の参加で修了となります。(初級指導実技×3回、中級指導実技×3回、上級指導実技×3回)。
但し、各級最低2回ずつは指導実技に参加することとし、残り1回はレッスン見学への参加でも指導実技科目1回の参加とみなすことができます。

◆例
初級指導実技試験2回参加、レッスン見学1回参加 初級指導実技修了
初級指導実技試験3回参加 初級指導実技修了
初級指導実技試験1回参加、レッスン見学2回参加 初級指導実技2回参加、中級指導実技1回参加
  • レッスン見学は、2014年度以降参加のものより加算致します。
Teachingイベント<レッスン見学>

経験豊富な講師の自宅レッスン室等で、日頃のレッスンを2時間ご見学頂きます。他のピアノ指導者のレッスンを見学し、生徒への声掛け、テキストの利用方法、テクニックの練習方法等を学び、自身のレッスンにご活用いただくことを期待しています。
2時間の見学の後は、講師や他の参加者とのディスカッションの時間を30分程度設けています(講師により時間配分は多少異なります)。レッスン見学での疑問や日頃のレッスンでの悩みなどを解決する機会としてご利用下さい。


レッスン見学ワークシート

当日のレッスン見学の内容をワークシートにまとめ、講師に提出して頂きます。レッスン見学の振り返りの資料としてご利用下さい。

指導実技科目への参加

各級1回のみ、指導実技への参加とカウントされます。

【GoogleAdsense】