1.指導者ライセンスとは

ピティナ・ピアノ指導者ライセンスとは?

ピティナ・ピアノ指導者ライセンスは指導実技演奏実技筆記試験エッセイ(小論文)の各試験科目を通し、継続的な「指導力の研鑽」を支援します。

  • 指導実技
  • 演奏実技
  • 筆記試験
  • エッセイ(小論文)

趣旨・目的

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会は、ピアノ教育と文化の発展のために、1996年よりピアノ指導者およびピアノ指導者を目指す方々を対象として、1996年より「ピティナ・ピアノ指導者検定」を実施してきました。さらなる継続的な「指導力の研鑽」を支援するために2015年度より「ピティナ・ピアノ指導者ライセンス」に名称を変更致しました。

参加資格
  • 18歳以上で、大学・専門学校等において、ピアノ・教育に関する専門教育を受けた者、または、同等の能力を有する者。学歴・国籍は問いません。
  • ピアノ指導者またはピアノ指導者を目指している方に限ります。
参加方法
郵送の場合

申込方法」のページより申込書をダウンロード頂き、受検料をお振り込みの上、本部事務局まで郵送下さい。(お振込方法は郵便振替または銀行振込となります。)

Webの場合

日程一覧」のページより受検希望の日程を選択頂き、お申込下さい。(クレジットカード、Pay-easyまたはコンビニエンスストアでのお振込となります)

  • 関東・中部・関西・中四国・九州・沖縄など全国各地で実施しております。
  • 1試験ずつの参加することも、まとめて複数の試験に参加することも可能です。1地区で参加申込される試験数に、制限はございません。
  • どの試験・科目からでも、参加が可能です。各課程・各試験の参加順序に、制限はございません。
課程・試験

指導実技 演奏実技 筆記試験 エッセイ(小論文) の4種の試験が行われます。
試験内容についてはこちら

試験概要
  • 3回の参加で指導実技各課程「修了」とします。(初級指導×3回、中級指導×3回、上級指導×3回)「指導実技」2回の受検は必須。他1回については、「レッスン見学」の参加も可。
  • レッスン見学、レッスン実習そのほかのTeachingイベントの参加については、2014年度以降に参加したものからカウントされます。
  • 演奏実技およびエッセイ(小論文)の科目は、平均75点以上で合格となります。筆記試験の合格ラインは、平均点により変動します。
各ライセンス取得・表彰・ポイント
  • 全級ライセンスを取得すると、授与式(年1回指導セミナーにて開催)において「全課程合格証」が授与されます。また、正会員になる資格があるとして、金子勝子指導者育成委員会委員長より推薦致します。(もう1名の推薦者は参加者ご自身でお手配下さい)
  • 各ライセンス(初級指導ライセンス、中級指導ライセンス、上級指導ライセンス)取得ごとに、「各課程合格証」が授与されます。
  • 各ライセンス(初級指導ライセンス、中級指導ライセンス、上級指導ライセンス)、全級指導ライセンスを取得されると教室紹介ページおよび取得者一覧に最低3年間お名前が掲載されます。
  • 3年間の指導実績によって更新ポイントが設けられ、基準に達した場合にライセンスは更新されます。
  • 指導実技、筆記試験、エッセイ(小論文)に参加されると、合否に関わらず、指導者ポイントが加算されます。この指導者ポイントは、「ピティナ指導者賞」の授与規定の対象となります。
  • 演奏実技に参加されると、合否に関わらず、ステージポイントが加算されます。
【GoogleAdsense】
ホーム > 指導力アップ > 指導者ライセンス > 1.指導者ライセンスとは