石井 克典 Ishii, Katsunori/ピアノ




プロフィール

いしい かつのり◎東京音楽大学付属高等学校、同大学に特待生として学び、大学在学中、第59回日本音楽コンクール第3位入賞。1992年、タングルウッド音楽祭ミュージックセンターサマーセッションに特待研修生として招かれ、室内楽とピアノをレオン・フライシャー、ピーター・ゼルキンの両氏に師事、音楽祭中、多くの演奏会に出演し、高い評価を受ける。翌年、クリーヴランドのロベール・カサドシュ国際ピアノコンクール第4位入賞。ニューヨークのマネス音楽大学大学院にて、ピアノをルドルフ・ゼルキンの愛弟子、ステファニー・ブラウン、楽曲分析をカール・シャクター、指揮をマイケル・チャーリーの各氏に師事。1994年、一時帰国し、日本演奏連盟、文化庁共催の東京デビューリサイタルを東京文化会館小ホールで開催。1996年、マネス音楽大学大学院をJ・フィーデルマンピアノ賞を得て修了。その後、ミシガンのギルモアキーボードフェスティバルなど世界各地の音楽祭に招かれ演奏会を行う。1997年3月、浜松国際ピアノアカデミーコンクール第1位入賞。ニューヨークでは、カーネギーホール、スタインウェイホール等で演奏を重ねるなど、アメリカと日本を中心に活発な演奏活動を続けている。これまでにソリストとして、ニューヨーク・ニューアムステルダム交響楽団、カユーガ室内管弦楽団、オハイオ室内管弦楽団、中米・コスタリカ国立管弦楽団、読売日本交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、九州交響楽団、大阪シンフォニカー、札幌交響楽団、広島交響楽団、浜松フィルハーモニー管弦楽団等と共演、日本テレビ「深夜の音楽会」他に出演。ニューヨークをはじめ各地でマスタークラスを開講する等、後進の指導にも努め、ハイドン・イヤーの2009年8月にはポルトガルのヴィアナ・ド・カステロ国際音楽祭に招かれハイドンのピアノ協奏曲を演奏するなど多くの演奏会に出演するかたわらピアノと室内楽の指導を行う。カリフォルニア国際コンクール〈ピアノ部門〉(アメリカ)審査員。第3回ASEANショパン国際ピアノコンクール(マレーシア)審査員。2006年第6回浜松国際ピアノコンクール運営委員。2009年第7回同コンクール専門委員。東京音楽大学教授。

ピティナ後援コンサート 実績

今後の公演
ホーム > ピアノコンサート > トークコンサート > アーティスト個別ページ